コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニット型投資信託 ユニットがたとうししんたくunit type investment trust

4件 の用語解説(ユニット型投資信託の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユニット型投資信託
ユニットがたとうししんたく
unit type investment trust

単位型投資信託ともいう。受益証券の発行が特定の単位 (ユニット) ごとに行われ,独立した信託財産を形成していく証券投資信託。各単位が独立しているので,その数だけ投資信託が存在する。一つの単位の設定が終了すると預託者 (投資信託委託会社) は次を設定することになり,オープン型投資信託のように追加設定は行われない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ユニットがた‐とうししんたく【ユニット型投資信託】

募集のたびに独立した信託財産を設定し、他の信託財産とは分別管理され、購入は募集期間だけで、解約は認められるが追加設定(資金の途中追加)は行われない投資信託定時定型投資信託スポット型投資信託とがある。単位型投資信託。→オープン型投資信託

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ユニット型投資信託【ユニットがたとうししんたく】

証券投資信託のうち,株式投資を主とし1回の設定額(ユニット)ごとに期間を定めて運用するもの。別名クローズド型,単位型。一定期間に応募した資金で信託設定し,その申込人に1口1万円,期間5年(途中解約もできる)の受益証券を発行するものが多い。
→関連項目オープン型投資信託投資信託

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone