コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニット型投資信託 ユニットがたとうししんたくunit type investment trust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユニット型投資信託
ユニットがたとうししんたく
unit type investment trust

単位型投資信託ともいう。受益証券の発行が特定の単位 (ユニット) ごとに行われ,独立した信託財産を形成していく証券投資信託。各単位が独立しているので,その数だけ投資信託が存在する。一つの単位の設定が終了すると預託者 (投資信託委託会社) は次を設定することになり,オープン型投資信託のように追加設定は行われない。日本ではユニット型の受益証券は1口1万円で信託期間は5年が一般的であるが,おもに基準価額が額面を下回っているときには2年まで延長が認められている。なおこのように運用資金が直接株式,公社債などに運用されるものを普通型というが,このほかにファミリーファンドといわれるものがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ユニットがた‐とうししんたく【ユニット型投資信託】

募集のたびに独立した信託財産を設定し、他の信託財産とは分別管理され、購入は募集期間だけで、解約は認められるが追加設定(資金の途中追加)は行われない投資信託定時定型投資信託スポット型投資信託とがある。単位型投資信託。→オープン型投資信託

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ユニット型投資信託【ユニットがたとうししんたく】

証券投資信託のうち,株式投資を主とし1回の設定額(ユニット)ごとに期間を定めて運用するもの。別名クローズド型,単位型。一定期間に応募した資金で信託設定し,その申込人に1口1万円,期間5年(途中解約もできる)の受益証券を発行するものが多い。
→関連項目オープン型投資信託投資信託

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ユニットがたとうししんたく【ユニット型投資信託】

単位型たんいがた投資信託

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ユニット型投資信託の関連キーワードスポット株式投信契約型投資信託株式投資信託償還

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android