ヨナ(読み)よな

タレントデータバンクの解説

ヨナ


芸名
ヨナ

性別
男性

生年月日
1982/12/16

星座
いて座

干支
戌年

血液型
A

出身地
沖縄県

ブログタイトル
ヨナ 公式ブログ

ブログURL
http://gree.jp/yona/blog

職種
お笑い

好きなスポーツ
サッカー

趣味・特技
サッカー

プロフィール
沖縄県出身。元お笑いコンビ「いけないパラダイス」のメンバー。2009年解散後はピン芸人として活躍している。主な出演作品に、日本テレビ『中居のイケてるアスリート』、ラジオ『デイリー中野夏休み特番』『吉田照美やる気MANMANN!』、雑誌『お笑いTYPHOON!JAPAN』など。

代表作品
日本テレビ『中居のイケてるアスリート』 / ラジオ『デイリー中野』 / 雑誌『お笑いTYPHOON!JAPAN』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨナ【Jonah】

旧約聖書中の人物。2人いる。(1)ガテ・ヘペルのアミッタイの子で,北イスラエル王国ヤラベアム2世の時代に,イスラエルの国力回復を預言した主の僕,預言者(《列王紀》下14:25)。(2)旧約聖書ヨナ書》の主人公。神の命令にそむいて逃げたが,再び宣教につかわされ,ニネベの町の滅亡を告知する。しかし人々が悔い改めたため,神は災を下すことをやめる。ヨナはそのことに対して抗議するが,トウゴマの実例によって逆にその正当性を問い返される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヨナ【Jonah】

旧約聖書中のヨナ書に伝えられるイスラエルの預言者。神の命令に背いて逃げる途中、海上で嵐に遭い、海に投げ捨てられるが、巨大な魚に吞まれ三日三晩腹の中で過ごしたのち陸に吐き出された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨナ
よな
ynhヘブライ語

北王国イスラエルの王ヤラベアム2世の治世(前787~前747)に活動した預言者。『旧約聖書』の「ヨナ書」によれば、アミッタイの子ヨナは、アッシリアの都ニネベ滅亡の預言を神ヤーウェに命じられたが、その使命を回避すべくヨッパの港から船出して海に逃れた。しかし暴風にあって大魚に飲み込まれ、陸に吐き出されたので、ついに神命に従い、ニネベで預言する。これによってニネベの町は滅びを免れた。[定形日佐雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヨナの言及

【イルカ(海豚)】より

…魚の中でもっとも強く速いとされたイルカは,また魂を冥界に運ぶ使者と考えられた。初期キリスト教時代にもこの考え方が引き継がれ,イルカは預言者ヨナを飲み込み,無事陸地に送り届けた大きな魚とされて,救済と復活の象徴となった。また,としてキリスト自身を象徴し,しばしば三つ又の矛やいかり(ともに十字架の象徴)と結びつけてカタコンベの壁画などに表現された。…

【クジラ(鯨)】より

…【千葉 徳爾】
[シンボリズム]
 古くから海の怪物と呼ばれてきたクラーケン,リバイアサン,摩竭魚(まかつぎよ)などについて,その正体を鯨とする説がある。またキリスト教伝説でも,旧約聖書の《ヨナ書》に出てくるヨナをのみこんだ大魚は鯨とされるが,多くの場合サメやワニあるいはイルカとの混同と思われる。ただしアリストテレスの《動物誌》や大プリニウスの《博物誌》に空気呼吸を行う事実など相当詳細な記述がなされており,古代の地中海世界でも鯨が知られていたことは確実である。…

【復活】より

…石棺の浮彫には,クリスモンと月桂冠を飾った十字架の両側に,2人の眠る兵士(イエス・キリストの墓を見守るためにつかわされた兵士)を配し,〈復活〉の図像であることを示唆する表現が見いだされる。また新約聖書の〈ラザロの復活〉,旧約聖書のダニエルヨナの物語などが〈復活〉の予型として用いられることもある。墓を訪れる2人または3人の聖女たちによってこの主題を間接的に表す方法は,西欧中世において早くから用いられた。…

【舟∥船】より

…スイスの心理学者のC.G.ユングは,これを〈夜の航海〉の主題とよんで,海に象徴される無意識への退行と意識の再生による心理の変容過程を示すものと考えた。大魚にのまれて三日三晩海を航海した旧約聖書のヨナの話も同様な意味をもつものであろう。エジプトやアッシリアには,死者を乗せて航海する船の描画があるが,これも死と再生または永遠の生命を象徴するものと考えられる。…

【ヨナ書】より

…旧約聖書〈12小預言書〉の一つ。預言者の託宣を集めたものではなくて,ヨナという一人物の物語。内容は以下のとおり。…

※「ヨナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨナの関連情報