コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ経済領域 ヨーロッパけいざいりょういき European Economic Area; EEA

3件 の用語解説(ヨーロッパ経済領域の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパ経済領域
ヨーロッパけいざいりょういき
European Economic Area; EEA

ヨーロッパ連合 EUと,スイスリヒテンシュタインを除くヨーロッパ自由貿易連合 EFTA加盟の計 17ヵ国による,人,商品,資本,サービスの移動を自由化した統合市場。人口約3億 7200万人,名目 GNP約7兆 5000億ドルの世界最大の単一市場である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヨーロッパ‐けいざいりょういき〔‐ケイザイリヤウヰキ〕【ヨーロッパ経済領域】

イー‐イー‐エー(EEA)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパ経済領域
よーろっぱけいざいりょういき
European Economic Area

ヨーロッパ連合(EU)加盟国にヨーロッパ自由貿易連合(EFTA(エフタ))加盟のノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインを加えた自由経済圏。ヨーロッパ経済共同体(EEC)とEFTAが1972年に自由貿易協定を結んで発足した経済領域が前身である。略称EEA。日本では「欧州経済地域」「欧州経済領域」とも訳される。EUが1993年11月に創設されたのを受け、1994年1月にヨーロッパ経済領域協定に基づいて発足した。域内での人、物、資本、サービスの移動は原則自由で、域内外との貿易や投資などの経済関係を活性化するねらいで設定された。工業品の域内関税はゼロである。ヨーロッパ経済領域に加盟すれば、EFTA加盟国はEUに加盟することなく、EUの単一市場に参加できるという利点がある。またEUの新規加盟国は、自動的にヨーロッパ経済領域にも加盟することになる。このため、経済面に限定した拡大EUとよばれることもある。ヨーロッパ経済領域は発足時点では域内人口、域内総生産(GDP)ともに、アメリカ、カナダ、メキシコの3か国が結んだNAFTA(北米自由貿易協定)を上回る世界最大の自由経済圏であった。2015年末時点での加盟国は31か国。2014年時点で、域内人口は約5億0600万人(国連推計)、域内総生産は18兆9900億ドル(国際通貨基金推計)である。
 EFTA加盟の3か国は、EUの立法作業には参加できないが、ヨーロッパ経済領域に加盟したことで原則EUの法規制を受ける。ヨーロッパ経済領域加盟国やヨーロッパ委員会で構成する共同委員会が域内でのEU法の適用や執行を決める。また、ヨーロッパ経済領域理事会が毎年2回開かれ、加盟国間の問題について調整する。なおEFTA加盟国のうち、スイスのみが1992年末の国民投票で、ヨーロッパ経済領域への不参加を決めている。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨーロッパ経済領域の関連キーワードヨーロッパ連合司法裁判所マーストリヒト条約ヨーロッパ理事会ヨーロッパ連合理事会ヨーロッパ連合ヨーロッパ連合条約ヨーロッパ連合委員会ヨーロッパ連合閣僚理事会ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ連合軍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone