コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライノウイルス ライノウイルスrhinovirus

3件 の用語解説(ライノウイルスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ライノウイルス(rhinovirus)

鼻風邪(はなかぜ)の原因となるウイルスの一種。インフルエンザウイルスとは異なるものとして発見され、100以上の型がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライノウイルス
らいのういるす
rhinovirus

ピコルナウイルス科の1本鎖RNAリボ核酸)ウイルス。かぜ患者の鼻粘膜、咽頭(いんとう)から分離される。直径は20~30ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)、酸性(水素イオン濃度指数pH3~5)で不安定となる。ヒト胎児気管の臓器培養によって分離できる。ヒトライノウイルスとウシライノウイルスなどがあり、ヒトライノウイルスはヒトとチンパンジーに病原性を示す。かぜ症候群(急性上気道感染症)の病因となる。血清学的には100以上の型がある。また、本ウイルス感染による免疫は、血清型にかかわらず2~16週間続くとされる。なお、感染に対する抵抗性は血清中の既存の抗体によらず免疫グロブリンA(IgA)のような分泌抗体によると考えられている。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライノウイルスの関連情報