ライム(読み)らいむ(英語表記)lime

翻訳|lime

日本大百科全書(ニッポニカ)「ライム」の解説

ライム
らいむ
lime
[学] Citrus aurantiifolia Swingle

ミカン科(APG分類:ミカン科)の常緑低木または小高木。高さ約2メートルで叢生(そうせい)する。枝条は繊細で多数あり、刺(とげ)がある。葉は小さく、小さな翼葉がある。花は小さく白色で単生または総生し、四季を通じて開花する。果実は縦径約4.5センチメートル、横径約4センチメートル、小さな乳頭突起がある。熟果は黄緑色、果皮は薄く剥皮(はくひ)は困難である。収穫は黄熟前の緑色のうちに行う。

 肉質は柔軟多汁で、酸は強く香気があり、レモン同様に用いられる。デリケートな酸味は柑橘(かんきつ)類中随一である。紅茶、野菜、果物のサラダ、フライ、焼き肉、焼き魚などにとくにあい、またテキーラを飲みながら汁をすするのでも有名である。ライムオイル、クエン酸の原料にもなる。マレーからインドにかけて原産し、熱帯圏に広く伝わった。インド、スリランカ、地中海諸国、メキシコなどで栽培が多い。

 いくつかの変種や近縁種が知られているが、トゲナシライムは、ライムの突然変異によってできたものである。変種のタヒチライムvar. latifolia Tanakaは果実、葉ともに大きい。近縁のスイートライムC. limettioides Tanakaはインド原産で酸味がなく甘い。

[飯塚宗夫 2020年10月16日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ライム」の解説

ライム

〘名〙 (lime) ミカン科の常緑低木。マライ・インド原産で、インド、スリランカ、地中海沿岸、メキシコなどで栽培される。花は白色で総状に多数咲く。果実は径四センチメートルぐらいの縦長の球形で黄熟するが、収穫は緑色のうちに行なう。果皮は薄く、果肉は蒼白色で多汁。酸味と香気が強い。生食されるほか、ライムジュース・クエン酸製造の原料とする。

ライム

〘名〙 (rhyme) 押韻
※明六雑誌‐二五号(1874)知説五〈西周〉「ライム(韻法)ありメートル(句法)ありスタンザ(章法)あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「ライム」の解説

ライム

インド原産の柑橘(かんきつ)類。ミカン科の低木。熱帯地方に広く分布する。花は白色。果実はほぼ球形で30〜50g。果頂はややとがり乳頭状。果皮はなめらかで鮮黄色を呈し,薄く,むきにくい。果肉は柔らかく多汁で酸味が強く,果汁をシロップやカクテル,料理用,クエン酸製造に用いる。ライムジュースとして市販されている。
→関連項目カシャッサ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「ライム」の解説

ライム(lime)

ミカン科の常緑低木。こんもりした樹形をつくる。花は白色。果実はレモンに似て小さく、香気があり、酸味が強く、黄緑色に熟す。未熟なうちに収穫し、ジュースや香味料とする。インド原産。

ライム(rhyme)

韻。脚韻。押韻。

ライム(lime)

石灰のこと。「ライムライト」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「ライム」の解説

ライム

 [Citrus aurantifolia].ムクロジ目ミカン科ミカン属に属する柑橘類の一つ.料理に香りや酸味などを与えるために用いる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ライム」の解説

ライム【lime】

ミカン科の常緑果樹。果実の酸味と芳香はレモンに似るが,果形はいくぶん丸くて小さい。レモンに比べ低木。枝のとげは大きいが枝は細く,葉も小さい。耐寒性も弱い。四季咲性の花は総状花序で,白色5弁。果皮色はレモンに似る。多汁で酸濃度は約7%あるが,無酸種は0.1%程度。種子は小型で多胚性。タヒチライムと呼ばれる品種は種子がなく,三倍体といわれる。熱帯,亜熱帯に広く栽培される。インド東北部あるいはマレーシア地域原産で,アラブ諸国,北アフリカを経てヨーロッパ南部に伝えられ,さらにカリブ海の島々と新大陸に伝播(でんぱ)した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android