コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスウェル ラスウェル Lasswell, Harold Dwight

5件 の用語解説(ラスウェルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスウェル
ラスウェル
Lasswell, Harold Dwight

[生]1902.2.13. イリノイドネルソン
[没]1978.12.18. ニューヨーク
アメリカの政治学者。 1922年シカゴ大学卒業。 23~25年ロンドンジュネーブ,パリ,ベルリンの各大学に学び,帰国後 27年シカゴ大学助教授,32~38年同準教授。国会図書館戦時コミュニケーション研究部長,司法省国務省顧問などを歴任後,46年エール大学法学部教授,55~56年アメリカ政治学会会長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラスウェル(Harold Dwight Lasswell)

[1902~1978]米国の政治学者。精神分析の方法を政治学に導入して、政治行動の実証的研究を行った。政策学の提唱者でもある。著「権力と人間」「政治」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラスウェル

米国の政治学者。イェール大学教授。メリアムの後継者として新シカゴ学派を率い,フロイト精神分析学の方法を導入,現在の政治学における行動主義的研究方法の基礎を作った。
→関連項目政治学兵営国家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラスウェル【Harold Dwight Lasswell】

1902‐78
アメリカの政治学者。イリノイ州出身。シカゴ大学卒業後,ヨーロッパに留学。シカゴ大学準教授などを経て,1946年イェール大学教授となる。C.E.メリアムなどとともにシカゴ学派の中心であった。1955年アメリカ政治学会会長となった。彼の研究分野は多岐にわたるが,政治学にS.フロイトの精神分析学の手法を導入したことで著名である。政治行動の無意識,下意識のレベルを実証的に研究しようとするアプローチは,とりわけファシズムナチズムの分析に用いられ,その後の政治学の発達にも大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラスウェル
らすうぇる
Harold Dwight Lasswell
(1902―1978)

アメリカの政治学者。イリノイ州ドネルソンに生まれる。1922年シカゴ大学卒業、1926年同大学で博士号獲得。1923~1925年にかけて、ロンドン、ジュネーブ、パリ、ベルリン各大学に留学。1924年シカゴ大学講師、その後准教授、上級准教授。1946~1970年エール大学教授。1970~1973年ニューヨーク市立大学ジョン・J・カレッジ教授。1973~1975年テンプル大学教授。1955~1956年アメリカ政治学会会長。1970~1972年アメリカ国際法学会会長を務めた。
 研究活動は多面にわたり、その主要な領域は次のとおりである。(1)権力と人格の相互作用。これは精神分析の手法を用いて権力人を分析したもの。著書『権力と人間』(1948)に代表される。(2)政治の理論的枠組みの研究。哲学者A・カプランAbraham Kaplan(1918―1993)との共著『権力と社会』Power and Society(1950)がその例である。(3)エリート研究。これは分析の観点を示すのにとどまらず、1890年以降の世界における政治変動の一つの測定基準とされている。彼の編集した『世界革命のエリート』World Revolutionary Elites(1965)はこの分野を代表する。(4)象徴、コミュニケーション、政治宣伝の研究。この面の研究は初期と中期に多く、数量化による内容分析(量的意味論)が中心の『政治の言語』Language of Politics(共著)はその例である。(5)決定過程の研究と政策科学。「決定」はラスウェルの権力論の中心であり、決定作成の過程が入念に理論化されている。決定の内容である政策は、社会過程の全体のなかで、問題志向的かつ総合的に整序される。この面を代表する著作は『政策科学概論』A Preview of Policy Sciences(1971)である。(6)政治、行政関連職の養成のための教育と制度。これは中期と後期に情熱を注いだ研究領域である。『政治学の将来』The Future of Political Science(1963)は(5)(6)との関連で公共政策の担い手の養成とその組織化を提起している。[小林丈児]
『ラスウェル著、久保田きぬ子訳『政治――動態分析』(1959・岩波書店) ▽永井陽之助訳『権力と人間』改訂新版(1961・東京創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラスウェルの言及

【政治】より

…このような政治観が,市民国家の階級的役割を粉飾するのに役立っているとしたK.マルクスは,政治すなわち成員全体を拘束する統一的な決定は,権力を握る支配階級の利益のために形成され維持されると論じた。政治を,かぎられた社会的価値の権威的な配分過程と定義する現代のD.イーストンや,政治は社会的価値を争奪してエリートが上昇していく過程だとするH.D.ラスウェルらは,階級社会観を前提としていないものの政治の役割を限定的に考える点で,市民社会以来の伝統を継いでいる。 しかし,20世紀の福祉国家の時代を背景にして,政治にもっと積極的な機能を認める考え方がますます有力になっている。…

【政治学】より

…そこで彼らは,フロイト的な深層心理解釈を採り入れて政治現象を分析する手法を開発するかたわら,統計や調査結果を数量的に処理して政治現象を客観的に測定・分析する道を開いた。その中心的理論家H.D.ラスウェルは,このようにして形成される新しい政治学は,国家や政府だけではなく社会のあらゆる場で見られる権力現象の研究を対象とし,その素材は集団の制度や人びとの主義主張ではなく,主観的な解釈を排した諸個人の客観的な行動であるという立場を鮮明に打ち出した。その意味で,こういう実証主義的な政治学の主張は,後に政治行動論と呼ばれるようになる。…

※「ラスウェル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラスウェルの関連キーワードオルソンシューマンベントリーメリアムイリノイ騎馬警官内田満斎藤真(2)宮里政玄《アメリカの政治的伝統》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラスウェルの関連情報