コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラセレナ La Serena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラセレナ
La Serena

チリ中北部の都市。首都サンチアゴの北北西約 400km,太平洋に注ぐエルキ川の河口部南岸,コキンボ湾を見おろす段丘上にあり,西に外港コキンボがある。 1543年頃エルキ川北岸にスペイン人によって建設,49年先住民であるインディオとの抗争により破壊され,翌年南岸の現在地に再建された。植民地時代は宗教中心地として発展。現在農牧地帯の中心地で,果実,大麦,花卉,家畜,酪農製品などを集散,加工する。市街は 1922年の地震で大きな被害を受けたが,大聖堂をはじめとする多数の聖堂,修道院など植民地時代の古い建築物が残っており,また近くに美しい海岸があることから,観光・保養地として知られる。鉄道,道路,空路によりサンチアゴと直接結ばれる。人口 10万 5594 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラ‐セレナ(La Serena)

チリ中北部、エルキ川の河口にある都市。コキンボ州の州都ピスコブドウから作られる蒸留酒)の産地。16世紀当時の建造物が多数残り、観光・保養地としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラセレナの関連キーワードフライホルヘの森国立公園プンタデチョロスピスコエルキビクーニャバダホス県ダマス島オバジェ

ラセレナの関連情報