コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラセレナ La Serena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラセレナ
La Serena

チリ中北部の都市。首都サンチアゴの北北西約 400km,太平洋に注ぐエルキ川の河口部南岸,コキンボ湾を見おろす段丘上にあり,西に外港コキンボがある。 1543年頃エルキ川北岸にスペイン人によって建設,49年先住民であるインディオとの抗争により破壊され,翌年南岸の現在地に再建された。植民地時代は宗教中心地として発展。現在農牧地帯の中心地で,果実,大麦,花卉,家畜,酪農製品などを集散,加工する。市街は 1922年の地震で大きな被害を受けたが,大聖堂をはじめとする多数の聖堂,修道院など植民地時代の古い建築物が残っており,また近くに美しい海岸があることから,観光・保養地として知られる。鉄道,道路,空路によりサンチアゴと直接結ばれる。人口 10万 5594 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラセレナの関連キーワードフライホルヘの森国立公園プンタデチョロスピスコエルキバダホス県ビクーニャダマス島オバジェ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android