コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラデック Radek, Karl Bernardovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラデック
Radek, Karl Bernardovich

[生]1883/1885. ガリシア,レンベルク
[没]1939?
ソ連の共産主義理論家。急進世界革命主唱者。本名 Karl Sobelsohn。ユダヤ人。共産主義運動のためロシア官憲に追われ,1903年スイスに亡命。次いでポーランドで革命運動に参加したのちオーストリアを経てドイツに入り,ドイツ社会民主党左派を組織した。第1次世界大戦中スイスで V. I.レーニンとともに活動,1917年 10月ペトログラード (→サンクトペテルブルグ ) に帰り対独講和交渉に参加。外務人民委員部の中欧局長となり,1919年ドイツ共産党創立大会に参加。 1919~24年党中央委員,1920~25年コミンテルン書記,執行委員会幹部会員。 1924年第 14回党大会の論争の際,トロツキー派に属して党中央委員を解任され,1927年党から除名。 1930年復党,『イズベスチヤ』紙外報部長となったが,1936年8月 G. E.ジノビエフ,L. B.カーメネフらのいわゆる合同本部事件に連座したとして,10月逮捕。 1937年1月の併行本部事件においても犯罪の組織と遂行に参与したものとして禁錮 10年に処された。 1939年頃粛清されたといわれるが,詳細は不明。主著『ソビエト・ロシアの外交政策』 Vneshnyaya politika Sovetskoi Rossii (1923) ,『コミンテルンの5年間』 Pyat' let Kominterna (2巻,1924) ,『ドイツ革命』 Germanskaya revolyutsiya (2巻,1925) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラデック

ソ連の革命家。ポーランド生れのユダヤ人。若くして革命運動に参加。のちドイツ,スイスで活動。1919年ドイツ共産党結成に積極的役割を演じた。コミンテルン創設とともにその幹部の一人となり,特にドイツ共産党を指導。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラデック【Karl Berngardovich Radek】

1885‐1939
ソ連邦の国際的革命家。本名ソベルゾーンK.B.Sobelsohn。オーストリア領ポーランド生れのユダヤ人。若くしてポーランド・リトアニア社会民主党の活動家となり,1908年からはドイツ社会民主党で党内左派として活躍した。第1次大戦中はツィンマーワルト運動左派に属した。17年のロシア十月革命後ペトログラードに赴き,〈左翼共産主義者〉に加わった。18年末ドイツに潜入してドイツ共産党創立を援助し,19年2月に逮捕されたが,獄中でドイツ各界人と接触した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラデック
らでっく
Karl Radek
(1885―1939?)

ロシアの政治家。本名カロル・ソベルゾーンKarol Sobelsohn。ユダヤ人郵便局員の子として当時オーストリア領のリボフ(現、ウクライナ領)に生まれる。クラクフで法律を学び、1904年以後ポーランド王国・リトアニア社会民主党で活動、1908年ドイツに移住、ドイツ社会民主党で新聞の編集に携わった。第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)後スイスに赴き、ツィンメルワルト、キーンタール両会議に出席して国際的な反戦活動に従事したのち、1917年レーニンとともに「封印列車」でスイスを去り、十月革命後、ロシアに入国、ボリシェビキの一員としてブレスト・リトフスク会議に参加した。1918年ドイツへ派遣されてドイツ共産党創立大会に出席したが、翌1919年逮捕され、ドイツから追放された。帰国後、1920年にコミンテルン執行委員会書記となったが、1927年トロツキー派として党から除名された。1930年、復党を許されて『イズベスチア』紙の国際問題の担当者となったが、1937年の粛清にあって10年の刑に処せられ、消息を絶った。[松 俊夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラデックの関連キーワードポーランド・ソビエト戦争ケーニヒグレーツの戦いソビエト大百科事典ニューウェーブSFツィンマーワルトペレストロイカシュラーゲターユダヤ人問題大粛清制癌剤

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android