コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミア Lamia/Λαμία

デジタル大辞泉の解説

ラミア(Lamia/Λαμία)

ギリシャ中部の都市。スペルヒオス川の下流部に位置する。紀元前4世紀、アレクサンドロス大王の死後にアテネを中心とする都市国家連合がマケドニア王国への反乱を起こしたラミア戦争の舞台となった。市街を見下ろす丘の上に古い城砦がある。ギリシャ独立戦争時の軍司令官アタナシオス=ディアコスの生地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ラミアの関連キーワードオーストラリア新安全保障ガイドラインナージャ サレルノ・ソネンバーグデモステネス(雄弁家、政治家)ドミトリー シトコヴェツキーイツァーク パールマンピンカス ズーカーマンモロ・イスラム解放戦線サイモン スタンデイジシャンタル ジュイエプエルトプリンセサバリ島爆弾テロ事件チョン キョンホアマイケル レビンアンティパトロスバハワルプールカラウィット島アンチパトロスヒュペレイデスグラムの行列式ポリュペルコン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラミアの関連情報