コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラモーの甥 ラモーのおい Le Neveu de Rameau

4件 の用語解説(ラモーの甥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラモーの甥
ラモーのおい
Le Neveu de Rameau

フランスの啓蒙思想家ディドロの対話体小説。 1761~74年に執筆。 1805年ゲーテ訳のドイツ語版,21年独訳からの反訳が出,定本は 1891年刊。音楽家ラモーの甥という人物と「私」との対話から成り,ラモーをはじめ,廷臣,金融家から文士にいたる人物たちの愚行が痛烈に批判される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラモーのおい〔‐のをひ〕【ラモーの甥】

《原題、〈フランスLe Neveu de Rameauディドロの小説。1762年執筆、著者没後の1823年に刊行。哲学者の「私」が、偉大な作曲家ラモーの甥にあたる「彼」と人生や芸術について語り合う対話小説。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラモーのおい【ラモーの甥 Le neveu de Rameau】

フランス18世紀の思想家・文学者ディドロの対話体の小説(1761‐62執筆,65,72,73以降改訂)。ある春の日の午後(推定によれば,1761年4月某日),コーヒー店ラ・レジャンスで〈私〉(ディドロ)は,以前からの知合いである〈彼〉(大音楽家ジャン・フィリップ・ラモーの甥であるヘボ音楽師ジャン・フランソア),すなわち〈私たちの教育や慣習や作法が導き入れたあの退屈な単調さをぶちこわす〉奇人たちの一人から,たまたま声をかけられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラモーの甥
らもーのおい
Le Neveu de Rameau, satire seconde

フランスの啓蒙(けいもう)思想家ディドロの対話体の小説で、1762~72年執筆。起稿は、60年に上演されたパリソCharles Palissot de Montenoy(1730―1814)の喜劇『哲学者たち』Les Philosophesがきっかけとなったと考えられるが、作品に実在の同時代人への言及が多いため、ディドロの生前には刊行されなかった。この傑作が初めて日の目をみるのは、ドイツの文豪ゲーテが写本の一つに基づいて1805年にドイツ語訳してからである。ディドロの肉筆原稿が発見されたのは、実に1891年のことだった。
 作品は、大作曲家ジャン・フィリップ・ラモーの甥でうだつのあがらぬ音楽家「彼」と、ディドロとおぼしき哲学者の「私」とが交わす会話がおもな内容の風変わりな小説である。「彼」は身ぶりを交えて、天才と凡才の問題、金満家の周辺に集う寄食者の生態、イタリア・オペラへの礼賛、悪の問題などを熱っぽく語る。これを迎え撃つ「私」の建設的回答も動揺しがちにならざるをえない。ヘーゲルが、両者の対話のうちに、誠実な意識と堕落した意識の対立をみたことは有名である。[市川慎一]
『本田喜代治・平岡昇訳『ラモーの甥』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラモーの甥の言及

【ディドロ】より

…ついで,18世紀フランス演劇の最高傑作に数えられる《この男,善人なのやら悪人なのやら》(1770‐84執筆,生前未刊)を書き,また俳優の演技は感動に頼るべきではなく,知性によって統御されるべきであるとする革新的理論を《俳優に関する逆説》(1769‐78)のなかで主張した。小説の分野では,《修道女》(1760‐82執筆,生前未刊),《ラモーの甥》(1761‐73執筆,生前未刊),《運命論者ジャックとその主人》(1772‐73執筆,74改訂,生前未刊)が生みだされる。そこでは,社会の周縁に位置する人物(修道院制度に反抗して脱走する女性,社会の脱落者ラモーの甥,召使ジャック)によって,既成の秩序は疑問のうちに投げ込まれ,転倒され,その混乱のなかからまったく新しい文学的宇宙が誕生する。…

【ラモー】より

…未完)が,ラモー生誕300年の1983年に新ラモー全集がフランスで企画された。 なおディドロの小説《ラモーの甥》のモデルは,彼の弟でオルガン奏者のクロードClaude R.(1690‐1761)の息子で音楽家のジャン・フランソアJean‐François(1716‐?)である。ラモーの3人の子はだれも音楽家にはならなかった。…

※「ラモーの甥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラモーの甥の関連キーワードディドロブーランビリエ亡命文学ボルテールノマドロジー自由思想家ヴィ・ド・フランス小場瀬卓三斎藤一寛中川久定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone