コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルース百科事典 ラルースひゃっかじてん Larousse

翻訳|Larousse

4件 の用語解説(ラルース百科事典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラルース百科事典
ラルースひゃっかじてん
Larousse

フランスの代表的な百科事典。文法学者 P.ラルースが 1852年ラルース書店を創立して始めたもので,現在『20世紀ラルース』『百科大ラルース』『3巻カラー・ラルース』『小ラルース』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラルース百科事典【ラルースひゃっかじてん】

フランスの文法家ラルースPierre Larousse〔1817-1875〕を創立者とするラルース書店(1852年)が刊行する事典群。1866年―1876年に《19世紀世界大辞典》15巻を発行して基礎を確立,1928年―1933年に百科事典《20世紀ラルース》6巻(小項目主義),1982年―1985年にその新版15巻を刊行。
→関連項目百科事典

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラルースひゃっかじてん【ラルース百科事典】

フランスの代表的な百科事典。ラルース出版社Librairie Larousseが発行するもので,数種の百科事典がある。ラルース出版社は1852年にP.ラルースらによって設立されたが,教師であったラルースは,みずからの経験を生かして,あらゆる疑問に答えるような読みやすい辞典として膨大な《19世紀世界大辞典Grand dictionnaire universel du XIX siècle》を企画した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラルース百科事典
らるーすひゃっかじてん

フランスを代表する百科事典。ラルース出版社Librairie Larousse発行。創始者のラルースは1850年『フランス語辞典Dictionnaire de la langue franaiseを出版し、好評であったため、52年友人と共同で出版社を設立、国語教科書や文法書に新工夫を加えたものなどを発行して歓迎された。彼はこれをもとに国民教育的発想から百科事典の大衆化を企て、小項目主義で図版を多く採用した『19世紀世界(万有)百科事典』Grand dictionnaire universel du XIXe sicle全15巻(1866~76、のち78、88に補遺2巻)を刊行した。完成1年前に彼自身は没したが、後継者がその意志を受け継いで今日の発展の基礎を築いた。
 ラルース百科事典の代表的なものは、第二次世界大戦後に出版された2種の新改訂版であろう。すなわち、『大ラルース百科事典』Grand Larousse Encyclopdiqueと『大百科事典』La Grande Encyclopdieである。前者は全10巻(1960~64)、補遺2巻(1969、75)で小項目主義をとり、収録項目16万5000、挿画、写真、地図などを多く用い、平易な記述を特色としており、1982年からまた新たに改訂版を編集中である。
 一方、後者は20巻(1971~76)、索引(1978)、補遺(1981)からなり、知識を総合・評価的に知らせることを目ざしている。大項目主義をとり、収録項目8000余であるが、さらにそれらの項目に関連する重要事項を掲げて、体系的に解説、挿画、地図、年表等も大きく、楽しいものにしている。また執筆陣も、学際的な知識と最新の学問の水準を伝えるため、国立科学研究センターの研究者を中心に、広く協力者を集めている。人名項目も同様なシステムで、フランスの人物はもとより、たとえば、ドイツの演出家、劇作家であるブレヒトBertolt Brechtの項をみると、7ページにわたり、人と作品の展開を紹介・論評するほか、関連事項として彼が妻とともにつくった劇団「ベルリーナー・アンサンブル」Berliner Ensembleのテキストの分析とその協力者の略伝などもあげている。[彌吉光長]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラルース百科事典の関連キーワードブリタニカ百科事典ブロックハウス百科事典ラルースアメリカーナ百科事典マイヤー百科事典《アメリカーナ百科事典》《イタリアーナ百科事典》《フランス百科事典》《メトロポリターナ百科事典》《ラルース料理百科事典》

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone