コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランゲルハンス島 ランゲルハンスとう islands of Langerhans

7件 の用語解説(ランゲルハンス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランゲルハンス島
ランゲルハンスとう
islands of Langerhans

膵島ともいう。膵臓の中に島状に散在し,内分泌機能を果す細胞群。島を構成する細胞のうち,α細胞は血糖値を上昇させるグルカゴンというホルモンを分泌し,β細胞は血糖値を下降させるインスリンを分泌する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ランゲルハンス‐とう〔‐タウ〕【ランゲルハンス島】

膵臓(すいぞう)の組織中に島状に散在する内分泌腺組織。インスリングルカゴンなどを分泌する。ドイツ病理学者ランゲルハンス(P.Langerhans)が発見。膵島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ランゲルハンス島【ランゲルハンスとう】

膵(すい)島とも。この名は発見者P.Langerhansに因む。膵臓の内部に島状に散在し内分泌を営む細胞群。周囲の外分泌部の細胞に比して淡く染色される細胞が網状に連なり,毛細血管がこれを取り巻く。
→関連項目インシュリノーマ血糖膵移植膵臓内分泌腺バンティング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ランゲルハンス島

 膵島ともいう.膵臓内に散在する内分泌組織で,インスリン(B細胞で),グルカゴン(A細胞で),ソマトスタチン(D細胞で),膵臓ポリペプチドなどを合成,分泌する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ランゲルハンスとう【ランゲルハンス島 islets of Langerhans】

膵臓内に分布する島様の構造体で,インシュリングルカゴンなどを分泌する内分泌作用を営む。膵島ともいう。一般に数十個から数百個の細胞からなり,直径50~200μmの多角体をなす。膵臓全体に広く分布するが,尾部に多い。ランゲルハンス島には毛細血管が発達しており,分泌されたホルモンはこの血管を経て体内に運ばれる。島をなしている腺細胞には,赤い酸性色素に染まるA細胞,塩基性色素で青紫色に染まるB細胞,鍍銀法で黒く染まるD細胞がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ランゲルハンスとう【ランゲルハンス島】

膵臓全体に島状をなして散在する内分泌細胞の集まり。インシュリン・グルカゴンなどを分泌。膵島。 〔ドイツの病理学者ランゲルハンス(Paul Langerhans1847~1888)が発見〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランゲルハンス島
らんげるはんすとう
Langerhans islands

膵島(すいとう)ともいい、単に「ラ島」とも略記する。膵臓の組織内に島状に散在する内分泌性細胞群で、19世紀のドイツの病理学者ランゲルハンスP. Langerhansが発見し、島islands(英語)、Inseln(ドイツ語)と命名した。ランゲルハンス島の直径は約50~200マイクロメートルで、その数は膵臓全体で約20万個から200万個までとされている。また、その総体積は膵臓の2%を占めるといわれる。
 ランゲルハンス島の細胞群には3種類の細胞があり、A細胞(α(アルファ)細胞)、B細胞(β(ベータ)細胞)、D細胞(δ(デルタ)細胞)に分類される。A細胞は血糖を高める作用のあるグルカゴンというホルモンを分泌する。B細胞は細胞数がもっとも多く、この細胞からはインスリンが分泌される。このホルモンはおもに肝細胞、筋細胞、脂肪細胞に作用して血液中のグルコース、脂肪酸、アミノ酸を取り入れやすいようにし、グリコーゲン、脂肪およびタンパク質の合成に役だつと考えられる。インスリンの名は、このホルモンが最初に発見されたとき、「島(ラテン語ではinsula)から分泌される」ということから名づけられたものである。インスリンは血糖値を低める働きがあり、血糖値が高まるとインスリンの分泌が促進される。したがって、B細胞の分泌が障害されると糖尿病をおこす。実験的にも、B細胞をアロキサンなどで選択的に破壊すると糖尿病をおこすことができる。
 D細胞はインスリンやグルカゴンの分泌を抑制するソマトスタチンというホルモンを分泌する。ソマトスタチンを分泌する細胞はD細胞ばかりでなく、脳の視床下部や十二指腸粘膜の細胞にも存在する。
 なお近年、免疫組織学的に、pp細胞という細胞がランゲルハンス島に存在することがみいだされた。pp細胞は膵ポリペプチドというホルモンを産生し、胃酸とかペプシノーゲンの分泌、胆汁分泌の促進、腸管の蠕動(ぜんどう)運動の抑制にかかわるなど、さまざまな生理作用をもつとされているが、まだ確実なことはわかっていない。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のランゲルハンス島の言及

【インシュリン】より

…インスリンともいう。膵臓に散在する内分泌組織,ランゲルハンス島β細胞で生合成され,分泌されるホルモン。名は島insulaにちなむ。…

【膵臓】より

…あらゆる脊椎動物がもっている消化器付属器官で,消化酵素を分泌する外分泌部と,内分泌部の膵島(ランゲルハンス島)からなる。膵臓の原基は腸管に由来する内胚葉性の数個の突起で,それらが合してつくられるが,多くの硬骨魚類では独立した器官とならず分散している。…

※「ランゲルハンス島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランゲルハンス島の関連キーワード構造体舌咽神経アインシュタイン宇宙レインボーフィッシュエラスターゼ膵臓B細胞カプタイン現象染色体の構造壁式構造軸組構法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランゲルハンス島の関連情報