コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラント法 ラントほう Landrecht

2件 の用語解説(ラント法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラント法
ラントほう
Landrecht

ラント内に適用される地方法。中世ドイツにおいて,ラントの地域行政の進出に伴って,属人主義をとる部族法から分化した法で,全国共通に通用した直接法たる帝国法に対し,地方特別法を形成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラントほう【ラント法 Landrecht】

ドイツ法史の用語。11世紀後半から13世紀にかけて,ドイツでは大小さまざまの領邦(ラント)が形成されていったが,その領域に一般的に妥当する法およびその法記録がラント法である。このころになると,主観的権利(レヒト)と客観的規範(レヒト)の両義をあわせもつ法(レヒトRecht)観念が出現するとともに,教会法と世俗法の区別をはじめとするさまざまの法領域の分化が進行し,その過程を通じてラント法も一個の独自の法領域としてみずからを確立してゆく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラント法の関連キーワードゲルマン法ドイツ法東ドイツ摂関時代ラージプート族埼玉県さいたま市大宮区三橋京都府与謝郡与謝野町明石島根県松江市大草町福岡県鞍手郡鞍手町古門鹿児島県出水郡長島町蔵之元

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone