コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神の平和 かみのへいわPaix de Dieu; Pax Dei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神の平和
かみのへいわ
Paix de Dieu; Pax Dei

ヨーロッパ中世の教会による平和運動。特定の人 (非武装の農民や女性,子供) や物 (教会堂や収穫物,役畜など) を侵害しないよう封建貴族に誓わせた。その違反者は「平和の侵害者」として教会から破門された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみのへいわ【神の平和 paix de Dieu[フランス]】

10世紀末から12世紀にかけての西欧で,国王の権威が極度に衰退し封建制が最大限に展開する状況において,領主層のフェーデに歯止めをかけるとともに,婦人,子供,商人,巡礼者,聖職者などをこのような暴力行使から保護する目的で,教会の主導の下に設定された平和の制度,ないしそのための運動。この運動の発端が王権の後退と無力化がはなはだしかった南フランスにあったのは象徴的で,まず989年にポアティエ近傍のシャルーで,翌990年にはナルボンヌとル・プュイで開かれた地方的司教区会議が,教会と貧民の財産や武器を携帯しない聖職者のために,破門の罰に裏付けされた特別の保護を設けることを決議した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の神の平和の言及

【コミューン都市】より

…“平和”を求める運動は農民を含めて広範な民衆の強い要求に支えられて,都市や農村で多様な形態で展開された。〈神の平和運動〉やコミューン運動がその代表的なものである。“平和”の保障のため宣誓(違反者は破門),民衆軍の結成,慣習法の成文化等がおこなわれた。…

【十字軍】より

…(1)西欧における〈叙任権闘争〉の延長線上に,教会改革の促進と教皇権の皇帝権に対する優位確立をめざす運動を展開する。(2)西欧の封建諸侯,騎士の私闘を抑制する〈神の平和〉運動を勧奨し,彼らの軍事力を対異教徒戦争に転用する。(3)民衆運動として大流行をきたしている巡礼伝統を活用し,贖罪行為としての遠征参加を呼びかけ,彼らに物心両面の報酬を約束する。…

【戦争】より

…ノルマン・コンクエストは,もともと教皇庁の支援の下に開始された事業であったにもかかわらず,1070年の教会会議は勝利者に悔悛(かいしゆん)を命じた。神の平和,神の休戦等の運動も教会の指導するところで,非戦闘員,非戦闘地区,非戦闘時間の観念を創出して戦争を限定しようとした。13世紀のスコラ学の戦争観においては,適法性の要件は,(1)当事者が俗人たること,(2)目的が防衛であること,(3)他に解決手段がないこと,(4)憎悪や嗜虐等邪悪な意図を抱かぬこと,(5)君主の命ずる公の戦争たること,であった。…

【ドイツ】より

…しかしながら,これらの領域支配圏のみが実質的には中世後期から近世にかけてドイツ国家の実体をなしており,このことは領域内の私闘(フェーデ)を禁止し,平和の確保を目的とするラント平和令がラントの範囲内でまず出されていたことにも示されている。ラント平和令が,まず〈神の平和〉として教会が発起者となって始められたものであることもこの時代の領域支配の性質を物語っている。中世末期には各ラントの君主は,特定のや都市に定住し,大学を創設して官僚を育成し,文書に基づく行政によって支配の近代化を図っていた。…

※「神の平和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神の平和の関連キーワードクリュニー修道院改革運動ハインリヒ(3世)クレルモン公会議イシガ オサムクレルモン会議ラント平和令神の休戦十字軍騎士

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android