コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・フォレット ラ・フォレットLa Follette, Robert Marion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・フォレット
La Follette, Robert Marion

[生]1855.6.14. ウィスコンシン,デーン
[没]1925.6.18. ワシントンD.C.
アメリカの政治家。 1885~91年連邦下院議員。この間,歳入委員としてマッキンレー関税法案の成立に尽力。次第に革新的傾向を強め,1900~06年ウィスコンシン州知事在任中,革新主義運動の高まりを背景に各種の改革を実施。ウィスコンシン州は州改革のモデル,民主主義の実験室といわれた。 06年連邦上院議員となり,高関税に反対し,各種の進歩的改革を擁護する一派の指導者となった。 11年以後革新党の結成に参画したが,12年健康を害して指導権を T.ルーズベルトに譲り,その後は T.W.ウィルソンの支持にまわった。彼はウィルソンの社会政策は支持したが,第1次世界大戦への参戦に反対,また国際連盟にも反対した。その後共和党とその擁護する大資本の独占体制が強固になった 20年代にあって,体制に挑戦した唯一の政治勢力,革新的政治行動会議 CPPAから大統領候補として出馬したが,敗れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・フォレット

米国の政治家。共和党下院議員を経てウィスコンシン州知事となり,州政の合理化と近代化を推進して他州の革新主義運動の高まりを刺激した。1905年以後上院議員。孤立主義者で第1次大戦参戦,国際連盟加盟に反対。
→関連項目ウィスコンシン[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ラ・フォレットの関連キーワード革新党[アメリカ合衆国]6月14日革新党