コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマカムヘン Ramakhamhaeng

2件 の用語解説(ラーマカムヘンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラーマカムヘン【Ramakhamhaeng】

1239ころ‐?
タイのスコータイ朝第3代の王。在位は1275年ころから99年あるいは1317年ころ。スコータイ朝の創設者シーイントラティット王の三男。タイ国史上最大の王として知られ,ラーマカムヘン・マハーラート(大王)と呼ばれている。現存する最古のタイ語碑文である〈ラーマカムヘン王碑文〉(1292)の記載によると,彼は若くしてすでに武勇の誉れ高く,王となっては各地に遠征を行い,その版図を北はラオスルアンプラバンビエンチャンから,南はマレー半島リゴール(ナコーンシータマラート),西はインド洋岸にまで広げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーマカムヘン
らーまかむへん
Rama Khamhaeng

生没年不詳。タイ国最古の王朝スコータイ第3代の王(在位1279~99)。「ラーマカムヘン王碑文」(1292)は同王が創始した文字を用い、現存する最古のタイ語資料とされる。武勇に優れた王として知られ、ラオスからマレー半島にまたがる広大な領域に勢力を拡大した。スリランカ系の上座部仏教を受容し、自ら崇仏の範を示した。王を父とし、臣下を子に例える同王の恩情的統治理念はタイ王制の理想とされている。王の中国訪問、陶工の導入をはじめ、「プラルアン王伝説」の名で知られるさまざまな伝説が伝えられているが、その真偽は疑わしい。王の死後スコータイの勢力は衰え、やがて南方のアユタヤに併合されてしまった。[石井米雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラーマカムヘンの言及

【スコータイ】より

…スコータイ朝はタイ族最初の王国であるとともに,セイロンから渡来した上座部仏教を受容し,仏教美術・文学が繁栄したことで知られる。1292年にラーマカムヘン王が建立した石碑の刻文は,タイ語で書かれた最古の文であり,今日のタイ文字の基礎となった。【田辺 繁治】。…

【スコータイ朝】より

…その時期は1220年ころと推定されている。スコータイの支配域は,はじめ首都の周辺数十kmの範囲を出なかったが,第3代ラーマカムヘン王(在位1279?‐1316?)のとき急激に成長し,北はルアンプラバンから南はナコーンシータマラート(リゴール)まで,東はメコン川沿岸地方から西は下ビルマのペグーに至る広大な地域へと支配圏を拡大した。92年ころから元朝に入貢,この間中国から製陶技術が伝えられ,宋胡録(すんころく)焼の名で日本にも知られ,広く世界各地へ輸出された陶磁器生産の基礎がおかれた。…

※「ラーマカムヘン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラーマカムヘンの関連キーワードアユタヤ朝コールドタイプタイスコアノータイウィンザータイウオータータイトコードタイコノスコープポーラータイ望月太意之助(初代)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone