コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマ5世 ラーマごせいRama V

2件 の用語解説(ラーマ5世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーマ5世
ラーマごせい
Rama V

[生]1853.9.20. バンコク
[没]1910.10.23. バンコク
タイ,チャクリー朝第5代の王 (在位 1868~1910) 。チュラーロンコーン王ともいう。日本の明治天皇とほぼ同年代に在位し,タイ近代化に貢献した。王に対する平伏礼の廃止,副王制と奴隷制の廃止,郵便・電信・鉄道の新設,外国人政府顧問の雇用,司法行政制度の西欧化,王族の欧米留学など一連の近代化政策を実施した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ラーマ5世
Rama Ⅴ


1853 - 1910
タイ国籍。
バンコク朝王(第5代)。
バンコク生まれ。
別名チュラロンコーン大帝(Chulalongkorn〉。
在位は1868〜1910年。摂政期間中、および即位後、アジア各地を巡幸して、ヨーロッパ諸国の植民地統治の実状を視察、近代国家の実態を学ぶ。1873年成年に達すると、ただちに行政改革に着手するが、旧勢力に阻まれて挫折、時期の来るのを待つ。1892年初の近代的な内閣制度を発足。王弟ダムロンの協力により、柔軟な外交政策で外圧を防ぎ、政治独立をした。タイ国近代化の最大の功労者。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
20世紀西洋人名事典について | 情報

ラーマ5世の関連キーワード徳川家慶コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新資格任用制インド国鉄有珠山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone