ラーム・チャリット・マーナス(読み)らーむちゃりっとまーなす(英語表記)Ram charit mānas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「ラーマの行動の湖」と訳される。インドのブラジバーカーおよびアワディー語詩人トゥルシーダース作の叙事詩で、1574~76年ごろの作。ラーマ信仰者の聖典として現在も広く愛唱され、一般に「トゥルシー・ラーマーヤン」と称される。中世バクティ(熱烈信仰)運動のとき、サンスクリットの『ラーマーヤナ』を地方語に翻訳翻案してラーマの叙事詩を通じてラーマ信仰を説いた作品が多く現れたが、それらのなかの最高傑作。ラーマ王伝説の故地の大衆の言語アワディー語を用い、四行詩を中心に、二行詩その他を挿入して構成されている。「行動の湖」の水はあくまでも清く、そこには愛欲の影もみられない、と作者のいうとおり「人生の規範を守る最高の人」ラーマ(maryādāpurusottam)の行動を通じて君臣、親子、夫婦、兄弟、隣人らの道を説き、ラーマに対する謙虚な信仰を吐露する。

 ヒンディー語地域では必読の書として神棚に備えて日夜朗読し、または暗唱している者も少なくない。

[土井久弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android