コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーム・モーハン・ローイ ラーム・モーハン・ローイ Rām Mōhan Rōy

2件 の用語解説(ラーム・モーハン・ローイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーム・モーハン・ローイ
ラーム・モーハン・ローイ
Rām Mōhan Rōy

[生]1772.5.22. インドベンガル
[没]1833.9.27. イギリスブリストル
近代インドの先駆的な思想家。社会改革運動の指導者。ベンガル農村のバラモンの家に生まれ,イギリス東インド会社の地方官吏として勤務したあと,1815年カルカッタに定住し,近代西欧思想の影響を受けて多彩な活躍をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーム・モーハン・ローイ
らーむもーはんろーい
Rm Mohan Roy
(1772―1833)

近代インドの宗教・社会改革運動の指導者。ベンガル地方のヒンドゥー教ビシュヌ派のバラモンの家に生まれたが、キリスト教の影響を受け、ヒンドゥー教に内在するカースト制度寡婦殉死などの悪習に反対し、インド社会の改革を目ざした。そのため1828年にはインド・ユニテリアン教会を設立。のちにこの会はブラフマ・サマージに発展した。30年に渡英し、ブリストルにおいて客死。[増原良彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラーム・モーハン・ローイの言及

【ベンティンク】より

…彼は,赤字だったインド財政を黒字化する一方,行政,警察,裁判の機構の改革や地税の課税基準の緩和を行い,行政や裁判へのインド人の採用を増大させた。さらに,インド人への英語教育を推進するとともに,ラーム・モーハン・ローイなどに協力して,寡婦焚死(サティー)の慣行を禁止(1829)したことは有名である。また,マイソール藩王国の行政権を掌握し,クールグを併合した。…

※「ラーム・モーハン・ローイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラーム・モーハン・ローイの関連キーワードアベンドベンドインド赤インクラインベンチインド洋の死闘マインドベンド/洗脳メイン ドローメルセデス・ベンツVクラスベンド語ベンド (bend)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone