コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーム・モーハン・ローイ Rām Mōhan Rōy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーム・モーハン・ローイ
Rām Mōhan Rōy

[生]1772.5.22. インド,ベンガル
[没]1833.9.27. イギリス,ブリストル
近代インドの先駆的な思想家。社会改革運動の指導者。ベンガル農村のバラモンの家に生まれ,イギリス東インド会社の地方官吏として勤務したあと,1815年カルカッタに定住し,近代西欧思想の影響を受けて多彩な活躍をした。特にウパニシャッドを尊重してヒンドゥー教偶像崇拝を攻撃してその浄化を説き,因習や迷信の弊害の除去,サティーの廃止を唱えた。またキリスト教宣教師と神学論争を試み,教育,新聞などを通じて啓蒙に努めた。 1828年ブラーフマ・サマージを設立したのち,インド知識人のなかで最初に渡英し,インドのために政治改革を説いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーム・モーハン・ローイ
らーむもーはんろーい
Rm Mohan Roy
(1772―1833)

近代インドの宗教・社会改革運動の指導者。ベンガル地方のヒンドゥー教ビシュヌ派のバラモンの家に生まれたが、キリスト教の影響を受け、ヒンドゥー教に内在するカースト制度や寡婦殉死などの悪習に反対し、インド社会の改革を目ざした。そのため1828年にはインド・ユニテリアン教会を設立。のちにこの会はブラフマ・サマージに発展した。30年に渡英し、ブリストルにおいて客死。[増原良彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のラーム・モーハン・ローイの言及

【ベンティンク】より

…彼は,赤字だったインド財政を黒字化する一方,行政,警察,裁判の機構の改革や地税の課税基準の緩和を行い,行政や裁判へのインド人の採用を増大させた。さらに,インド人への英語教育を推進するとともに,ラーム・モーハン・ローイなどに協力して,寡婦焚死(サティー)の慣行を禁止(1829)したことは有名である。また,マイソール藩王国の行政権を掌握し,クールグを併合した。…

※「ラーム・モーハン・ローイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラーム・モーハン・ローイの関連キーワードタゴール(Devendranāth Tagore)ケーシャブ・チャンドラ・セーンマハーニルバーナ・タントラベンティンクベンガル人タゴール思想家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android