コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーム・チャリット・マーナス Rām‐carit‐mānas

世界大百科事典 第2版の解説

ラーム・チャリット・マーナス【Rām‐carit‐mānas】

ビシュヌ派のラーマ信仰の詩人トゥルシーダースの著した大叙事詩。題名を直訳すると〈ラーマ王(子)行いの湖〉の意。北インドに分布するヒンディー語のアワディーAvadhī方言を基とする一大叙事詩で,全7編約1万頌,数頌の4行詩と1頌の対句の組合せを基本的な形式とする。1574年にアヨーディヤーで着手され,数年後にカーシー(現,ワーラーナシー)で完成されたといわれる。 この叙事詩の形成には,先行の思想と諸文献が寄与しているが,物語の構成と展開についてはサンスクリット叙事詩《ラーマーヤナ》に,また思想的な支えをベーダーンタ哲学の立場をとる《アディアートマ・ラーマーヤナAdhyātma Rāmāyaṇa》に依拠するところが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラーム・チャリット・マーナスの関連キーワードビシュヌ派

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android