コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルシーダース Tulsīdās

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥルシーダース
Tulsīdās

[生]1523/1543
[没]1623?
インド,ヒンディー語の聖詩人。北インドのバクティ運動の中心人物でラーマ信仰の唱道者ラーマーナンダの系統をひき,ラーマへの熱烈な信愛をもとにして『ラーマーヤナ』を翻案した『ラームチャリットマーナス (ラーマの行跡の湖) 』 Rāmcaritmānasは今日でも愛唱されている。『トゥルシー・ラーマーヤン』 TulsīRāmāyaṇとも呼ばれるこの書は,ラーマの生地といわれるアヨーディヤーで起稿,ワーラーナシで脱稿,7編約1万頌から成っている。ほかに『ビナエ・パトリカー』 Vinay Patrikā,『カビターワリー』 Kavitāvalīなどの作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トゥルシーダース

16−17世紀のインドのヒンディー語詩人。《ラーマーヤナ》に基づいた宗教叙事詩《ラーム・チャリット・マーナス(ラーマの行いの湖)》を著し,ラーマ信仰を歌った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥルシーダース【Tulsīdās】

16~17世紀の北インドでビシュヌ派のラーマ信仰を歌った詩人。自作の記述および信徒列伝などによると,1532年に現在のウッタル・プラデーシュ州バーンダー県の村の貧しいバラモンの家に生まれた彼は,幼くして父母と別れざるをえなくなって物乞いをして歩くうちに,ある寺院に身を寄せるようになったという。ある師(詳細不明)の教えによりラーマ信仰の道にはいり,国を追われたラーマ王子とシーター妃が住んだとされるチトラクートの山中にこもって修行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥルシーダース
とぅるしーだーす
Gswm Tulsds
(1532ころ―1623ころ)

インドのブラジバーカーおよびアワディー語詩人。熱烈なラーマ信徒。幼時乞食(こじき)の苦労をしたが寺院に保護され、教養を積む。家庭をもったが、家を捨て遊行者(ゆぎょうしゃ)となる。詩才に富み自由詩、小詩、叙事詩に才筆を振るい、12の名編を残している。とくにブラジバーカー語によるラーマの物語とラーマ信仰の詩集『カビターワリー』(詩歌集)、ラーマの物語に関する歌集『ギーターワリー』(歌謡集)、神々の賛歌とそれらの神々に対する懇願の歌集『ビナエパトリカー』(懇願詩集)がとくに名声を博している。しかし彼の名を不朽にしたものは、アワディー語で書かれたラーマ信仰の叙事詩『ラーム・チャリット・マーナス』(ラーマの行動の湖)である。[土井久弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトゥルシーダースの言及

【インド文学】より

…そこには,各文学が古典的な文学と思想を共有し,類似の時代背景をもつという求心的な力が働く一方,各民族に固有の主題と文芸様式を開花させるという地方化への力も働いている。このことを如実に示す例をあげるなら,サンスクリット叙事詩《ラーマーヤナ》が15世紀以降の民族文学で続々と翻案され,ベンガル文学におけるクリッティバース・オージャーの《ラーマーヤナ》,ヒンディー文学におけるトゥルシーダースの《ラーム・チャリット・マーナス》,タミル文学におけるカンバンの《ラーマーヤナ》などが著されている。同一の古典を基盤に置く求心性と,それに独自の解釈を加える地方化・民族化への力が相互に作用するなかから新たな創造がなされたわけである。…

【ヒンドゥー教】より

…これらのものはすべて雅語であるサンスクリット(梵語)で書かれた文献であるが,それ以外の言葉で書かれた聖典も数多く存在している。たとえばヒンディー語で書かれたカビール(1440‐1518)の宗教詩やトゥルシーダース(1532‐1623)の《ラーム・チャリット・マーナス》,マラーティー語で書かれたナームデーオ(15世紀前半)やトゥカーラーム(1608‐49)の宗教詩,南インドのタミル語で書かれた《ティルムライ》,俗に〈タミル・ベーダ〉といって貴ばれる賛歌集など,枚挙にいとまがない。
[神格]
 ヒンドゥー教が本来多神教であり,複雑な複合体であることを反映して,神格も多種多様である。…

※「トゥルシーダース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥルシーダースの関連キーワードラーム・チャリット・マーナストゥルシーマーナス寺院アワディー方言インド文学ナーガル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android