コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウマチ性心臓病 リウマチせいしんぞうびょう rheumatic heart disease

2件 の用語解説(リウマチ性心臓病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウマチ性心臓病
リウマチせいしんぞうびょう
rheumatic heart disease

リウマチ熱によって起る心臓病の総称。急性リウマチ熱による心炎は,心膜炎,心筋炎,心内膜炎および全心炎の形をとる。また,異常心雑音,心膜摩擦音,心拡大,うっ血性心不全がみられる。心筋には特有のアショフ結節が生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

りうまちせいしんぞうびょう【リウマチ性心臓病】

 広い意味では、全身の結合組織をおかす膠原病(こうげんびょう)(強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん)、関節(かんせつ)リウマチ、全身性エリテマトーデス)やリウマチ熱によっておこる心臓病のことをいい、心筋炎(しんきんえん)、心膜炎(しんまくえん)および心内膜炎(しんないまくえん)などを併発することがあります。
 ただし、一般的にリウマチ性心臓病といった場合は、リウマチ熱による心臓病を意味します。
 リウマチ熱はα溶連菌アルファようれんきん)という咽喉頭炎(いんこうとうえん)などをおこす細菌の感染が原因とされますが、なかでも、ある特殊なグループの細菌が原因であることがわかっています。
 好発症年齢は、小学校の中~高学年で、幼少時にくり返しα溶連菌による咽喉頭炎などにかかったことが原因と考えられています。
 リウマチ熱による心内膜炎の後遺症としてよくみられるのが心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)です(「心臓弁膜症とは」)。成人してから発見されることが多く、なかでも僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)がよくみられます。さらに、僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう)、大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)または大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)のうち2つ以上を併発することもあります。
 発展途上国ではまだ発症例が多いのですが、日本では抗生物質の適切な使用と衛生環境の改善にともない、新たな発症は減少し続けています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

リウマチ性心臓病の関連キーワード結合組織支持組織リウマチ様関節炎膜骨線維性結合組織余震と誘発地震結合組織細胞結合組織性骨化骨盤結合組織炎濾胞間結合組織

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone