コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リオ・アビセオ国立公園 リオ・アビセオこくりつこうえんRio Abiseo National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リオ・アビセオ国立公園
リオ・アビセオこくりつこうえん
Rio Abiseo National Park

ペルー中部,アンデス山脈の東側山腹からアマゾン川源流域にかけてのジャングルに囲まれた国立公園。面積 2745km2。 1983年指定。伐採や開墾を免れた原生林が繁茂する公園内には,ロス・ピンテュドスやグラン・パハテンなど 8000年前のものとみられるプレインカ時代の遺跡・遺構が 36も発見されている。パイナップル科の植物で地上で最も寿命が長いといわれるプヤが 10mをこす高さで垂直に伸び,130種もの鳥類がみられる。絶滅寸前のヘンディー・ウーリーモンキーのほかオオアルマジロヤマバクジャガーなど貴重な生物が多く生息する。 1990年に一部が,1992年にはさらに拡大された区域が世界遺産の文化・自然複合遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リオ・アビセオ国立公園の関連キーワードリオパイナップル科絶滅寸前原生林鳥類遺構開墾

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android