リシン(英語表記)lysine

翻訳|lysine

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典「リシン」の解説

リシン【lysine】

必須アミノ酸のひとつ。体のたんぱく質の構成に重要な役割をもつ。米、小麦、その他穀類の植物性たんぱく質における含量が低いため、肉類、卵、乳製品魚介類などの動物性たんぱく質を積極的に摂取することで、たんぱく質の利用率を向上させる必要がある。たんぱく質の吸収を促進させ、ブドウ糖代謝カルシウムの吸収を高めるほか、肝臓の機能強化、細菌ウイルスに対する抗体をつくり免疫力強化などに効果を発揮する。リシンが不足すると、疲れやすくなり、めまい嘔吐、目の充血貧血などの症状が現れる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

知恵蔵mini「リシン」の解説

リシン

トウゴマ種子に含まれる有毒なタンパク質。細胞を壊死させて臓器不全を招き、場合によっては死をもたらす。人体への影響の度合いは摂取した量や時間、経路(吸入経口・注射)によって異なるが、最低致死量は推定で体重1キロ当たり0.03ミリグラム、中毒に陥り死に至るまでの時間は36~72時間とされる。解毒剤は存在しない。

(2013-4-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

栄養・生化学辞典「リシン」の解説

リシン

 (1) C6H14N2O2 (mw146.19).

 リジンともいう.タンパク質の構成アミノ酸で,必須アミノ酸.塩基性アミノ酸に属する.

 (2) ヒマ(トウゴマ)の種子に含まれる毒性のタンパク質.糖タンパク質であるA鎖とB鎖で構成されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リシン」の解説

リシン
ricin

トウゴマの種子に含まれるアルブミンの一種。毒性が強く,生の種子を多量に食べたり,水抽出液を注射したりすると,内臓諸器官に出血を起し,死にいたることもある。致死素因子,血球凝集因子をもった毒素蛋白質である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「リシン」の解説

リシン(lysine)

《「リジン」とも》必須アミノ酸の一。ほとんどのたんぱく質中に存在し、特にヒストンアルブミン・筋肉たんぱく質に多い。食品の栄養添加剤として使用。

リシン(ricin)

トウゴマの種子に含まれる毒性の糖たんぱく質。たんぱく質の生合成を阻害する作用をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「リシン」の解説

リシン

〘名〙 (ricin) アルブミンに属する毒性蛋白質。トウゴマの種子中に存在する。血球を凝集させる作用もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android