コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リストラ りすとら restructuring

翻訳|restructuring

5件 の用語解説(リストラの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

リストラ

経済環境の変化に応じ、企業が成長を維持し、収益力を高めるために行う事業の再構築のこと。具体的には成長部門への資源の再配分、不採算部門からの撤退、組織の簡略化、バランスシートの改善などを通して実施される。長期的な視野に立ったリストラが成功すれば、企業部門の成長がマクロ経済の成長にもつながる。しかし不況期のリストラは固定費の削減が主体となることが多く、企業部門の回復とマクロ経済の回復にズレが出てくることもある。固定費の主要素である人件費の削減は、コストを減らし、企業収益の改善にはなるが、残業時間や雇用者を減らすことにより行われるために、雇用情勢は悪化する。このため家計の消費活動が鈍り、マクロ経済の回復を遅らせることになる。

(本庄真 大和総研監査役 / 2007年)

リストラ

リストラクチャリング」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リストラ

[名](スル)
リストラクチュアリング」の略。
俗に、退職させること。人員整理首切り

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リストラ

もともとはリストラクチュアリング(Restructuring)のことで、事業の「再構築」という意味。そのために人員整理や工場閉鎖などが行なわれることが中心となったため、リストラと言えば「解雇」を意味するようになった。バブル崩壊以降の不況時に盛んに使われるようになり、ネガティブイメージが定着した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リストラ

〔リストラクチュアリングの略〕
企業の人員削減。従業員の解雇。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リストラの関連キーワード老年期屈伸性リテンション維持食事生体応答発育曲線年功制企業再編リース会計の見直し成長力底上げ戦略

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リストラの関連情報