溢れる(読み)アブレル

デジタル大辞泉「溢れる」の解説

あぶ・れる【×溢れる】

[動ラ下一][文]あぶ・る[ラ下二]《「あふれる」と同語源。余ってはみ出る意》
仕事にありつけなくなる。「雨で仕事に―・れた」
狩猟や釣りで、獲物がない状態になる。「今日は―・れて一匹も釣れない」
はみ出て、散らばっている。
「大原、静原、芹生の里と―・れゐたるつはものども」〈平家・二〉
落ちぶれてさまよう。零落する。
「また見苦しきさまにて世に―・れむも」〈・東屋〉

あふ・れる【×溢れる】

[動ラ下一][文]あふ・る[ラ下二]
水などがいっぱいになって外にこぼれる。「コップに―・れるほど注ぐ」「川が―・れる」「涙が―・れる」
人や物が入りきらないではみだす。また、入りきらないほど多くある。「通路まで人が―・れる」「スタンドに―・れる観衆」
感情・気力・才気などがいっぱいに満ちている。「意欲―・れる作品」「夢と希望に―・れる青春」
零(こぼ)れる用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android