コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溢れる アフレル

4件 の用語解説(溢れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あふ・れる【×溢れる】

[動ラ下一][文]あふ・る[ラ下二]
水などがいっぱいになって外にこぼれる。「コップに―・れるほど注ぐ」「川が―・れる」「涙が―・れる」
人や物が入りきらないではみだす。また、入りきらないほど多くある。「通路まで人が―・れる」「スタンドに―・れる観衆」
感情・気力・才気などがいっぱいに満ちている。「意欲―・れる作品」「夢と希望に―・れる青春」
零(こぼ)れる[用法]

あぶ・れる【×溢れる】

[動ラ下一][文]あぶ・る[ラ下二]《「あふれる」と同語源。余ってはみ出る意》
仕事にありつけなくなる。「雨で仕事に―・れた」
狩猟や釣りで、獲物がない状態になる。「今日は―・れて一匹も釣れない」
はみ出て、散らばっている。
「大原、静原、芹生の里と―・れゐたるつはものども」〈平家・二〉
落ちぶれてさまよう。零落する。
「また見苦しきさまにて世に―・れむも」〈・東屋〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あふれる【溢れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 あふ・る
〔「あぶれる」と同源〕
液体が容器や池・川などにいっぱいになって上の方からこぼれる。 「浴槽から湯が-・れる」 「大雨で川が-・れる」 「 - ・れる涙をぬぐう」
人や物が入り切らずに外に残る。 「道路にまで人が-・れる」
(入り切らないほど)たくさんある。 「デパートには品物が-・れている」 「才気-・れる青年」 「魅力-・れる人物」

あぶれる【溢れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 あぶ・る
〔「あふれる」と同源〕
あふれる 」に同じ。 「カワガ-・レタ/ヘボン」
所定の人数からはみ出す。希望者が多くて仕事を得ることができないでいる。 「仕事に-・れる」
狩猟や釣りで、獲物を得ることに失敗する。
余計者になる。落ちぶれる。 「また見苦しきさまにて世に-・れむも/源氏 東屋

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溢れるの関連キーワード抉れる縊れる削れる群れる揺れる縒れるたく・れる腫れる霙れる

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

溢れるの関連情報