食い逸れる(読み)クイハグレル

デジタル大辞泉の解説

くい‐はぐ・れる〔くひ‐〕【食い逸れる】

[動ラ下一][文]くひはぐ・る[ラ下二]
時機をのがして、食べ物にありつけなくなる。食べそこなう。くいっぱぐれる。「昼飯を―・れる」
生計を立てていくための手段をなくす。くいっぱぐれる。「手にがあれば―・れる心配はない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くいはぐれる【食い逸れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 くひはぐ・る
食べる機会を逃して、食べられなくなる。食いそこなう。くいっぱぐれる。 「会議がのびて昼食を-・れる」
生活の手段を失う。くいっぱぐれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android