コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解く トク

デジタル大辞泉の解説

と・く【解く】

[動カ五(四)]
結んだりしばったりしてあるものをゆるめて分け離す。ほどく。「帯を―・く」「包みを―・く」
縫い合わせてあるものの糸を抜き取って離す。また、編んであるものをほどく。「着物を―・く」「セーターを―・く」

㋐もつれたものをもとに戻す。ほぐす。「からまった釣り糸を―・く」
㋑(「梳く」とも書く)もつれた髪に櫛(くし)を入れて整える。とかす。すく。「乱れた髪を―・く」
着ていたもの、身に取り付けたものをはずす。「旅装を―・く」
命令・束縛・制約などから解放する。「鎖を―・く」「統制を―・く」「契約を―・く」
任務・職をやめさせる。免じる。「任を―・く」
拘束していた態勢を崩してもとの状態に戻す。「警備を―・く」「武装を―・く」
心のわだかまりや緊張状態をほぐす。ふさがっていた気持ちをすっきりさせる。「怒りを―・く」「疑いを―・く」「誤解を―・く」
筋道をたどって解答を出す。「問題を―・く」「なぞを―・く」
[可能]とける
[動カ下二]と(解)ける」の文語形
[用法]とく・ほどく――「帯を解く(ほどく)」「もつれた糸を解く(ほどく)」「着物を解く(ほどく)」など、ばらばらにする意では相通じて用いられるが、「ほどく」の方が口語的である。◇「問題を解く」「謎を解く」「誤解を解く」「禁止を解く」「武装を解く」「警戒を解く」「緊張を解く」など、結び目、縫い目をばらばらにする意以外の場合は「解く」だけを用いる。◇類似の語に「ほぐす」がある。解けた状態、ほどけた状態にする意で、「からんだ糸をほぐす」のほか、「緊張をほぐす」「肩の凝(こ)りをほぐす」などと用いる。
[下接句]印綬(いんじゅ)を解く頤(おとがい)を解く帯を解く帯紐(おびひも)を解く褐(かつ)を釈(と)く産(さん)の紐を解く綬(じゅ)を解く刃(じん)を迎えて解く謎(なぞ)を解く

ほど・く【解く】

[動カ五(四)]
結んだり、縫ったり、もつれたりしたものをときはなす。とく。「荷物を―・く」「着物を―・いて洗い張りする」「からんだ糸を―・く」
迷いや疑いをはらす。正しく判断する。
「日頃は道理を聞き―・き給はざりける」〈沙石集・三〉
神仏にかけた願(がん)がかなったとき、お礼参りをしてかけた願をとく。
「王子王子の御前にて宿願を―・き候ふべし」〈義経記・三〉
解(と)く[用法]
[可能]ほどける
[動カ下二]ほどける」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほどく【解く】

( 動五[四] )
縫い目や結び目、またもつれているものなどをときはなす。 「縄を-・く」 「着物を-・いて縫い直す」
願ほどきをする。 「願ヲ-・ク/日葡」
迷いや疑いを晴らす。 「漸く事の道理を思ひ-・きて/沙石 7」 〔「ほどく」 「ほぐす」 「とく」という三つの動詞は、いずれも一時的に固くなったものを元に戻すことをいう語である。「ほどく」は、紐の結び目、縫い目、包みについていう。「ほぐす」は、「凝った肩を揉んでほぐす」「魚の身をほぐす」など、固形物を柔らかくしたり細かくする場合にいう。「とく」は、「卵をとく」「包みをとく」のように、固まった物に力を加えて液状にすること、包みをあけることをいう。また、「氷砂糖を水に溶く」「顆粒を水に(水で)溶く」のように固形物を液体に溶けこませるときは漢字は「溶く」と書くが、やや古めかしい言い方で、むしろ「溶かす」という方が一般的〕
[可能] ほどける
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

解くの関連キーワード納棺師の捜査ファイルリラクゼーション肩の力を抜くキーポイント解き方・解方のろいをとく計算量の爆発定数変化法気を許す数値解析数値計算纜・艫綱お礼参り演算子法苦もなく綬を結ぶ応用問題求積法固形物謎解き

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解くの関連情報