コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リット リット Litt, Theodor

3件 の用語解説(リットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リット
リット
Litt, Theodor

[生]1880.12.27. ジュッセルドルフ
[没]1962.7.16. ボン
ドイツの哲学者,教育学者。ボン大学ベルリン大学で学び,ギムナジウムの教師を経て 1919年ボン大学員外教授,20年 E.シュプランガーの後任としてライプチヒ大学教授。 37年ナチスに抵抗して講壇を去った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リット【Theodor Litt】

1880‐1962
ドイツの哲学者,教育学者。ディルタイの思想的後継者の一人。1919年以来ボン,ライプチヒ両大学の教授を務めたのち,再度ボンの教授を務めた。精神科学の方法論に弁証法的思考を取り入れ,《個人と社会》(1919)に代表される文化哲学哲学的人間学の形成に寄与した。一方,教育学者としては,ワイマール期の改革派教育学をめぐる論争に参加し,第2次大戦後に至るまで一貫して,歴史的教養の今日的位置の確立につとめ,歴史的文化と自然科学,技術,労働,政治との媒介を試みた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リット
りっと
Theodor Litt
(1880―1962)

ドイツの哲学者、教育学者。デュッセルドルフ生まれる。古代言語、歴史学を学び、教師生活を経て1919年ボン大学の員外教授、翌1920年ライプツィヒ大学教授となったが、当時のナチス政府によりその職を追われた。やがてボン大学に復職し(1947)、哲学、教育学を講じた。ディルタイの歴史主義、精神科学的方法を継承しながら、フッサールの現象学、ヘーゲルの弁証法を取り入れ、『歴史と生』(1918)、『個人と社会』(1919)などの著作において、個人と社会、教育理想と教育現実といった「教育学上の二律背反」の問題の解明、統一に学的追究を集中した。シュプランガー、H・ノールとともに文化教育学者の一人にあげられる。[舟山俊明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リットの関連キーワードオイリュトミーグリムシュプランガージンメルディルタイパウルゼンモイマン勝部謙造薗田坦ボルノー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リットの関連情報