コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リット リットLitt, Theodor

3件 の用語解説(リットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リット
リット
Litt, Theodor

[生]1880.12.27. ジュッセルドルフ
[没]1962.7.16. ボン
ドイツの哲学者,教育学者。ボン大学ベルリン大学で学び,ギムナジウムの教師を経て 1919年ボン大学員外教授,20年 E.シュプランガーの後任としてライプチヒ大学教授。 37年ナチスに抵抗して講壇を去った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リット【Theodor Litt】

1880‐1962
ドイツの哲学者,教育学者。ディルタイの思想的後継者の一人。1919年以来ボン,ライプチヒ両大学の教授を務めたのち,再度ボンの教授を務めた。精神科学の方法論に弁証法的思考を取り入れ,《個人と社会》(1919)に代表される文化哲学哲学的人間学の形成に寄与した。一方,教育学者としては,ワイマール期の改革派教育学をめぐる論争に参加し,第2次大戦後に至るまで一貫して,歴史的教養の今日的位置の確立につとめ,歴史的文化と自然科学,技術,労働,政治との媒介を試みた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リット
りっと
Theodor Litt
(1880―1962)

ドイツの哲学者、教育学者。デュッセルドルフ生まれる。古代言語、歴史学を学び、教師生活を経て1919年ボン大学の員外教授、翌1920年ライプツィヒ大学教授となったが、当時のナチス政府によりその職を追われた。やがてボン大学に復職し(1947)、哲学、教育学を講じた。ディルタイの歴史主義、精神科学的方法を継承しながら、フッサールの現象学、ヘーゲルの弁証法を取り入れ、『歴史と生』(1918)、『個人と社会』(1919)などの著作において、個人と社会、教育理想と教育現実といった「教育学上の二律背反」の問題の解明、統一に学的追究を集中した。シュプランガー、H・ノールとともに文化教育学者の一人にあげられる。[舟山俊明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リットの関連キーワード紙幣整理ブラウンオランダ文学岩崎弥太郎エルメレンスドワルスフォーチュン市川左団次二世勧業博覧会大学野球

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リットの関連情報