コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヒテル リヒテル Rikhter, Svyatoslav Teofilovich

6件 の用語解説(リヒテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リヒテル
リヒテル
Rikhter, Svyatoslav Teofilovich

[生]1915.3.20. ウクライナジトーミル
[没]1997.8.1. モスクワ,モスクワ
ウクライナ生れのピアニスト。ソ連人民芸術家。 1937年からモスクワ音楽院で G.ネイガウスに師事。 45年全ソ音楽コンクールで第1位となり,のちスターリン賞を受賞。その頃から国外にも演奏旅行をするようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リヒテル(Svyatoslav Rikhter)

[1915~1997]ウクライナのピアノ奏者。独学でピアノ演奏法を習得し、卓越した技巧と豊かな表現力で世界的名声を得た。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リヒテル

ウクライナ生れのピアノ奏者。ウクライナ北西部のジトミル(当時ロシア領)に生まれる。父はポーランド生れのドイツ人。モスクワ音楽院で名教師G.G.ネイガウス〔1888-1964〕に師事し,在学中の1940年プロコフィエフの《ピアノ・ソナタ第6番》の初演でデビュー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リヒテル【Svyatoslav Teofilovich Rikhter】

1915‐97
ソ連邦のピアノ奏者。20世紀後半を代表する大家で,レパートリーは広いが,とりわけベートーベンの厳粛と豪快,ラフマニノフの壮麗と豪華は,類がない。1937年モスクワ音楽院に入学,第2次世界大戦をはさんで,47年まで在学。在学中,42年にプロコフィエフの《ピアノ・ソナタ第6番》の初演者に選ばれてモスクワでデビュー,45年に全ソビエト音楽コンクールのピアノ部門で1位入賞。49年には早くもスターリン賞を受け,東欧諸国で演奏活動を開始,さらに60年アメリカでデビューし,西側諸国に新鮮な衝撃を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リヒテル【Svyatoslav Teofilovich Rikhter】

1915~1997) ソ連のピアノ奏者。豪放なスケールと繊細な表現力を合わせもち、特にバッハ・シューマンの演奏に優れる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リヒテル
りひてる
Святослав Рихтер Sviatoslav Richter
(1915―1997)

ウクライナのピアノ奏者。ジトーミル生まれ。20世紀後半を代表する大家の一人だが、ほとんど独学でピアノ奏法を身につけた。1937年モスクワ音楽院に入学、名教師ゲンリヒ・ネイガウスに師事。在学中の40年モスクワでデビューし、プロコフィエフのピアノ・ソナタ第6番を初演。45年全ソ音楽コンクールで第1位となり名をあげた。50年から東欧諸国に楽旅、60年初めて西側に出てアメリカ・デビュー。これが決定的な成功を収めてリヒテルの存在は一躍世界中に知れ渡った。70年(昭和45)初来日。卓越した技巧を有したリヒテルの表現力は非常に幅が広く、迫力満点の激しい緊張を生み出す一方、柔和で叙情的な楽趣の表出にも長(た)けていた。レパートリーは広く、とくにバッハ、ベートーベン、シューベルト、シューマン、ラフマニノフ、スクリヤービン、プロコフィエフを得意とした。[岩井宏之]
『昆田亨写真『巨匠リヒテルの世界』(1987・東京新聞出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リヒテルの関連キーワードソ連ルビンステイングランドピアノソ連邦譜捲りグルーヴィージュノム左手のためのピアノ協奏曲ポートレイト・イン・ジャズワルツ・フォー・デビイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リヒテルの関連情報