コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リビア砂漠 リビアさばく Libyan Desert

翻訳|Libyan Desert

6件 の用語解説(リビア砂漠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リビア砂漠
リビアさばく
Libyan Desert

アフリカサハラ砂漠の北東部分で,リビアの東部からエジプト南西部を経て,スーダンの北西端へ広がる砂漠。リビア砂漠のエジプト領はガルビーヤ砂漠 (西部砂漠) として知られている。不毛の岩石台地,乾燥した荒蕪地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リビア‐さばく【リビア砂漠】

アフリカ北東部、リビア東部からエジプトのナイル川の西にかけて広がる砂漠。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リビア砂漠【リビアさばく】

北アフリカ,エジプトのナイル川河谷からリビア東部に及ぶ砂漠。広義のサハラ砂漠の一部をなす。標高150〜300m,流砂による砂丘地帯が広がる。シュワ,カスル・ファラーフラ,クフラなどのオアシスがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リビアさばく【リビア砂漠 al‐Ṣaḥrā’ al‐Lībīya】

アフリカ北部,サハラ砂漠の東部にあたる砂漠地帯で,ナイル河谷の西側,エジプト,スーダン,リビア3国の国境地帯にまたがる地域に広がる。地中海沿岸近くのカッターラ低地のように海面下130mに達する深いくぼ地もあるが,砂漠の大半は標高150~300mの丘陵状であり,乾燥した気候と風による浸食作用でできた南北に細長く延びる砂丘群が景観を成している。砂漠の中には多くのオアシスが点在しており,古来砂漠を越えてアフリカ内陸に通ずる隊商ルートの中継地として重要であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リビアさばく【リビア砂漠】

アフリカ北東部、サハラ砂漠の東部に当たる砂漠地帯。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リビア砂漠
りびあさばく
Libyan Desert

北アフリカ、サハラ砂漠東部の呼称。リビア東半部から東はナイル川西岸まで、南はスーダン北西部に及ぶ。北限はほぼ北緯30度線に沿って東西に並ぶオアシス地帯で、その東端には海面下133メートルに達するカッターラ低地がある。年降水量は100ミリにも達せず、なかでもリビア南東部にあるクフラ盆地は、平均年降水量がわずか数ミリという極端な少雨地域である。春分を過ぎたころから吹き始める南風はギブリハムシンシロッコなどの名があり、これが吹くときには最低気温でさえも30℃を超えるほど暑く乾燥する。ワジ(涸(か)れ谷)さえも少なく、風の侵食による地形が目だつ。岩石砂漠(ハマダ)や礫(れき)砂漠(リビアではセリル)もあるが、リビアとエジプトの国境付近には砂丘が連なる広大な砂砂漠(エルグ)が広がる。塩分を含む砂漠土壌が分布し、植生はきわめて乏しい。地下水位は比較的浅く、シワ、ファラフラ、ダハラなどの鑽井(さんせい)盆地はオアシスとなっている。クフラ・オアシスで産するナツメヤシは良質で、ヨーロッパへ輸出される。リビアでは、砂漠の中にゼルテン、アマルをはじめ多数の油田が開発され、硫黄(いおう)分の少ない石油がパイプラインでシルテ湾岸まで送られている。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリビア砂漠の言及

【サハラ砂漠】より

…また近年,人口増加により植生の破壊が進み,サハラ砂漠周辺での砂漠化の進行が問題になっている。なお狭義のサハラ砂漠として,東部のリビア砂漠を除いたものをいう場合がある。
[地理]
 世界の砂漠は南北両半球の緯度30゜線に沿う亜熱帯高圧帯に分布するが,サハラ砂漠もその例外ではなく,北大西洋高気圧(アゾレス高気圧)に年中覆われ砂漠となっている。…

※「リビア砂漠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リビア砂漠の関連キーワードサハラ砂漠ハルマッタンサハラブラックアフリカホワイトアフリカサブサハラアフリカタウデニマアミドサハラ砂漠の秘密サハラマラソン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リビア砂漠の関連情報