コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リビエール リビエール Rivière, Henri

5件 の用語解説(リビエールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リビエール
リビエール
Rivière, Henri

[生]1827. パリ
[没]1883.5.19. ハノイ
フランスの軍人。フランスのインドシナ植民地化政策の先鋒となって,阮朝を中心とするベトナム軍と戦った。劉永福らの黒旗軍と官軍の連合軍に対し第2回ハノイ侵攻を開始し,トンキン地方を転戦したが,ハノイ攻防戦で戦死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リビエール
リビエール
Rivière, Jacques

[生]1886.7.15. ボルドー
[没]1925.2.14. パリ
フランスの批評家。パリ大学に学ぶ。 1910年『NRF (エヌエルエフ) 』誌の編集に参加,19~25年編集長。ジッドクローデルペギーらと交遊する一方,無名のプルーストの作品の刊行に尽力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リビエール

フランスの評論家。《エチュード》(1912年),《冒険小説論》(1913年)でみずみずしい芸術的感性を発揮。第1次大戦に参加後《NRF(エヌエルエフ)》編集長を務め,プルーストなど新しい才能を発掘する。
→関連項目アルトー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

リビエール

プラチナ萬年筆株式会社筆記具ブランド。油性ボールペンシャープペンシルがある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リビエール
りびえーる
Jacques Rivire
(1886―1925)

フランスの批評家。ボルドー生まれ。1910年『NRF(エヌエルエフ)』編集部に入社、19年以降、死去するまで同誌編集長として、文学・芸術の新動向紹介、作家発掘に鋭い感覚を示した。『エチュード』(1912)、『モラリスムと文学』(1912)、『新エチュード』(1947)に収められた評論は、ジッド、クローデル、プルーストら傾倒する作家の作品理解と同時に、自分の生き方を見つめようとする真摯(しんし)な姿勢に貫かれている。とくに同世代の文学的形成を語りながら、第一次世界大戦直前期における新しい可能性をはらむ小説の分析『冒険小説論』(1913。『新エチュード』に収録)は、文芸思潮史的に重要な意味をもつ。また義兄アラン・フルニエとの往復書簡は20世紀初頭の文学的青春の証言として興味深い。クローデルとの往復書簡は幼時以来のカトリック信仰とジッド的な生の享受の間に揺れ動く誠実な魂の苦悩を伝えている。ほかに小説『エーメ』(1922)などがある。[清水 徹]
『渡辺一民訳『世界批評体系5 冒険小説論』(1974・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リビエールの関連キーワードパリアパリジェンヌ没・歿勃・歿・没パリダカヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.工業所有権の保護に関する1883年3月20日のパリ条約ペリパリオ,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リビエールの関連情報