コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポタンパク質

2件 の用語解説(リポタンパク質の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リポタンパク質

 脂質とタンパク質の複合体で,細胞膜そのものもリポタンパク質であり,また血漿中で脂肪を各組織に運搬する血漿リポタンパク質などもある.脂質部分はトリアシルグリセロール,コレステロールリン脂質およびこれらの複合.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リポタンパク質
りぽたんぱくしつ
lipoprotein

脂質を含む複合タンパク質で、血漿(けっしょう)や卵黄、牛乳などにある水溶性のものと、細胞膜、ミトコンドリア膜、ミエリン構造膜(細菌細胞膜)などの不溶性(構造性)のものとがある。血漿中の脂質は単独では存在せず、すべて特定のタンパク質と非共有結合で会合して存在している。リポタンパク質が水系で存在するためには静電気的結合、疎水結合、ファン・デル・ワールス力(分子間引力)または分散相互作用、分極相互作用、水素結合、二価金属による極性基間結合などに依存している。血漿のリポタンパク質は脂質の運搬を担い、血漿タンパク質の約12%を占める。超遠心分離によって比重の低いものから順に(1)カイロミクロン(乳糜(にゅうび)chylomicron、0.95g/ml)、(2)VLDL(超低密度リポタンパク質very low density lipoprotein、0.95~1.006g/ml)、直径30~75ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)、(3)LDL(低密度リポタンパク質low density lipoprotein、1.019~1.063g/ml)、(4)HDL(高密度リポタンパク質high density lipoprotein、1.063~1.210g/ml)、(5)VHDL(超高密度リポタンパク質very high density lipoprotein、1.21~1.25g/ml)に分けられる。脂質の含量は40~90%と多く、代表的なものはグリセリド、コレステロール、リン脂質などである。LDLはいわゆる悪玉コレステロールを運ぶもので、分子量約250万の球状である。外側の殻はリン脂質、遊離コレステロール、大きなタンパク質(コレステロールを付着させる働きをもつアポリポタンパク質B、略称アポB)からなり、内側の核は約5000分子のコレステロールエステルからなる。肝臓などの細胞表面にはアポBを認識する受容体があり、これにLDLが結合して細胞内に取り込まれ、分子量約6~7万の糖タンパク質であるリポタンパク質リパーゼにより代謝される。[野村晃司]
『日本生化学会編『膜脂質と血漿リポタンパク質』下(1986・東京化学同人) ▽日本生化学会編『新・生化学実験講座4 脂質(1)中性脂質とリポタンパク質』(1993・東京化学同人) ▽David J. Williams著、田島陽太郎他訳『イラスト 生化学の要点』(1994・西村書店) ▽川嵜敏祐・井上圭三・日本生化学会編『糖と脂質の生物学』(2001・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リポタンパク質の関連キーワード核蛋白質色素蛋白質リポ蛋白質核タンパク質可消化タンパク質糖タンパク質複合タンパク質プロテオリピドミエリンローリー法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リポタンパク質の関連情報