コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リモネン リモネンlimonene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リモネン
limonene

化学式 C10H16レモン,オレンジなどの精油中に含まれる単環式モノテルペン炭化水素。無色液体。沸点 176.5℃。水に不溶,アルコールに可溶。レモン様の芳香を有する香料の原料である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リモネン【limonene】

単環状モノテルペンの代表的化合物。1‐メチル‐p‐イソプロペニル‐1‐シクロヘキセン。精油中に広く含有される成分の一つで,レモン様の芳香をもつ。光学異性体のd‐リモネン(右旋性)とl‐リモネン(左旋性)およびラセミ体が存在する。光学的に不活性なラセミ体はジペンテンという。天然には,d‐リモネンはオレンジ油,ショウノウ白油,ダイダイ葉油などに,l‐リモネンはハッカ油などに,またラセミ体ジペンテンダイダイ花油,テレビン油,ショウノウ白油などに多く含まれるというように,植物種により分布が異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

リモネン【limonene】

テルペンの一。柑橘かんきつ類の果皮に含まれ、レモンのような芳香がある。化学式 C10H16 イソプレンを加熱重合して合成。油脂との親和性が高い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リモネン
りもねん
limonene

単環式モノテルペン系炭化水素であり、右旋性(d-体)と左旋性(l-体)の光学異性体がある。光学的に不活性なラセミ体(dl-体)はジペンテンといわれる。d-リモネンはレモン油、オレンジ油などに、l-リモネンははっか油、スペアミント油などに、ラセミ体はテレビン油、樟脳(しょうのう)油などに存在する。d-リモネンはオレンジ、レモンなどの精油を分留して得ている。l-リモネンははっか油を分留して得ている。ジペンテンは樟脳白油を分留して得ている。
 リモネンは香粧品香料として各種柑橘(かんきつ)油と併用され、せっけん、洗剤、化粧品、芳香剤などに用いられる。食品香料としては柑橘系、各種フルーツ系のフレーバーに使用される。d-リモネンはl-カルボン(スペアミント)の合成原料として重要である。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リモネンの関連キーワードリモネン(データノート)ミカンの皮「陳皮」ハッカ油(薄荷油)ポリテルペン樹脂グレープフルーツベルガモット油ラベンダー油シトロネラ油セメンシナユーカリ油イソプレンネロリ油セダー油柑橘油親和性ミカン柑橘類果皮陳皮橙皮

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リモネンの関連情報