コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リモネン リモネン limonene

5件 の用語解説(リモネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リモネン
リモネン
limonene

化学式 C10H16レモンオレンジなどの精油中に含まれる単環式モノテルペン炭化水素。無色液体。沸点 176.5℃。水に不溶,アルコールに可溶。レモン様の芳香を有する香料の原料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リモネン(limonene)

レモンに似た香りのある液体。テルペンに属する炭化水素レモン油・シソ・はっか油などに含まれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リモネン【limonene】

単環状モノテルペンの代表的化合物。1‐メチル‐p‐イソプロペニル‐1‐シクロヘキセン。精油中に広く含有される成分の一つで,レモン様の芳香をもつ。光学異性体のd‐リモネン(右旋性)とl‐リモネン(左旋性)およびラセミ体が存在する。光学的に不活性なラセミ体はジペンテンという。天然には,d‐リモネンはオレンジ油,ショウノウ白油,ダイダイ葉油などに,lリモネンハッカ油などに,またラセミ体ジペンテンダイダイ花油,テレビン油ショウノウ白油などに多く含まれるというように,植物種により分布が異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リモネン【limonene】

テルペンの一。柑橘かんきつ類の果皮に含まれ、レモンのような芳香がある。化学式 C10H16 イソプレンを加熱重合して合成。油脂との親和性が高い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リモネン
りもねん
limonene

単環式モノテルペン炭化水素であり、右旋性(d-体)と左旋性(l-体)の光学異性体がある。光学的に不活性なラセミ体(dl-体)はジペンテンといわれる。d-リモネンはレモン油、オレンジ油などに、l-リモネンははっか油、スペアミント油などに、ラセミ体はテレビン油、樟脳(しょうのう)油などに存在する。d-リモネンはオレンジ、レモンなどの精油を分留して得ている。l-リモネンははっか油を分留して得ている。ジペンテンは樟脳白油を分留して得ている。
 リモネンは香粧品香料として各種柑橘(かんきつ)油と併用され、せっけん、洗剤、化粧品、芳香剤などに用いられる。食品香料としては柑橘系、各種フルーツ系のフレーバーに使用される。d-リモネンはl-カルボン(スペアミント)の合成原料として重要である。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リモネンの関連キーワードイソプレノイドジアゾ化合物テルペンぺんてるペン外因性窒素環状化合物テルペノイド化合物テルペンアルコールモノテルペン単環式化合物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リモネンの関連情報