コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヤカー リヤカー

大辞林 第三版の解説

リヤカー

rear+car 後方の車の意〕
自転車や人力で引いて荷物を運ぶ、ゴムタイヤを付けた荷車。リアカー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

リヤカー

自転車の後部に連結して荷物を運ぶ1軸の2輪車。車体鋼管を溶接したもの。大正初年に日本で考案され,リヤカーは和製英語。第2次大戦直後まで,商店農家などの小運搬に広く利用されたが,今日では軽自動車の普及でほとんど姿を消した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リヤカー

荷車の一種。大正初期ごろ日本で開発されたものだが,その呼称はいわゆる和製英語である。rear car,すなわち後方につける車,というほどの意味で,もともと自転車の後ろに連結して使用したことに由来すると言われる。本体は鉄製で,荷台底部には板が敷きつめられ,車輪はゴム製タイヤが2輪取り付けられている。前部梶棒もやはり鉄製である。大八車との構造上の相違点は,荷台に枠が取り付けられていることであり,荷台が箱型となって荷崩れのしにくい構造となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リヤカー
りやかー

荷車の一種で、自転車の後部に連結して用いることができる二輪車。国産の自転車が普及し始めた大正初期に日本で考案されたもののようで、名称も、後部の車(rear car)という意味の和製英語である。それまでの大八車などの荷車にとってかわり、道路の整備にも対応して小運送に便宜を与え、都市でも農漁村でも大いに利用された。自転車修理販売店のなかにリヤカーを製造する店があった。鉄パイプを骨組にし、自転車と同じようなタイヤの車輪を用いたが、サイズは直径26インチ(約66センチメートル)、太さ2インチ半(約6.4センチメートル)というのがほぼ標準であった。自転車から離して単独に人力でも用いられ、農家では脱穀機の運搬などに欠かせないものとして長く使われてきた。しかし第二次世界大戦後の三輪自動車の普及やその後の小型トラックなどの普及で、昭和40年代初めにはほとんど製作されなくなった。[神野善治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リヤカーの関連キーワード1945年2月15日の出来事企業実証特例制度乳牛飼育用機械移動図書館廃品回収業河野 兵市2月29日河野兵市リアカー石焼き芋軽車両疎開荷車

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リヤカーの関連情報