コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウガン

2件 の用語解説(リュウガンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リュウガン

 [Euphoria longana].ムクロジムクロジ科リュウガン属の常緑高木の果実で食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュウガン
りゅうがん / 竜眼
longandragon eye
[学]Euphoria longana Lam.

ムクロジ科の高木。葉は互生し、羽状複葉で、長さ15~45センチメートル。小葉は約10センチメートル、多くは3~6対つき、革質全縁で、長楕円(ちょうだえん)形。円錐(えんすい)花序は頂生または腋生(えきせい)し、長さ約30センチメートル。花は黄白色を呈し、径3~6ミリメートルで、1000余個つく。花弁、萼(がく)とも5片に分かれ、芳香がある。雄しべは6~10本。柱頭は2裂する。4月に開花し、7~8月に熟す。果実は丸または扁球(へんきゅう)形で、縦径約2.5センチメートル、果皮は淡褐色で薄く、表面は殻状で粗く、わずかに堅い。内に白い仮種皮からなる薄い果肉があり、多汁で甘い。果肉の内に光沢のある暗褐色の種子が1個ある。原産地は中国南部ともインドともいわれるが、現在では、東南アジア諸国、熱帯アメリカなどに広く分布する。繁殖は実生(みしょう)、共台の接木(つぎき)、取木による。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リュウガンの関連情報