コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウゼツラン(竜舌蘭) リュウゼツランAgave americana var.variegata; American aloe; century plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュウゼツラン(竜舌蘭)
リュウゼツラン
Agave americana var.variegata; American aloe; century plant

リュウゼツラン科の大型常緑多年草。広義にはユリ科に含む場合もある。メキシコ原産の観葉植物で鉢植または庭園に栽培する。葉は根生し,多肉で長さ 1m以上になり,縁と先端に硬いとげがある。めったに花をみないが,花茎は株の中心から 5m以上も高くそびえ,黄色い筒状の花を多数つける。花がつくと全株は枯死する。日本には江戸時代天保年間 (1830~44) に渡来したといわれ,葉縁に黄色い斑 (ふ) のある品種がよく栽培されているが,黄色い斑のないものをアオノリュウゼツランという。この植物の葉を発酵させた酒がメキシコで有名なテキーラである。近似の種類が多く,なかでもサイザルアサは繊維植物として有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リュウゼツラン(竜舌蘭)【リュウゼツラン】

フクリンリュウゼツランとも。メキシコ原産のリュウゼツラン科リュウゼツラン属(アガベ)の常緑多年生多肉植物。観賞用として庭などに植えられる。葉は根生して多数つき,長線状披針形で厚く,長さ1〜2m,暗緑色で縁に黄色の覆輪があり,あらい角質のとげがある。
→関連項目熱帯植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リュウゼツラン【リュウゼツラン(竜舌蘭) Agave americana L.】

リュウゼツラン科の無茎の大型多年生植物。多肉質の葉は長さ1.5m,幅30cmほどに育つ。耐寒性はかなり強く,関東以西の太平洋岸では戸外で育つ。野生型で緑葉のものはアオノリュウゼツランと呼ばれ,古く渡来した斑入りの園芸品種cv.Variegata(=var.variegata Nichols.)がリュウゼツランと呼ばれる。他にシロリュウゼツラン,タテジマリュウゼツラン,シマリュウゼツランなどの品種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリュウゼツラン(竜舌蘭)の言及

【マゲイ】より

…メキシコ原産のリュウゼツラン科の多年草で,リュウゼツラン属Agaveに属する植物の総称。日本で観賞用に栽培されているリュウゼツランは,このうちの1種。…

※「リュウゼツラン(竜舌蘭)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リュウゼツラン(竜舌蘭)の関連キーワードアオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)オガサワラオオコウモリワステカ族オトミ族ナワ族

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android