コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リロ George Lillo

2件 の用語解説(リロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リロ【George Lillo】

1693‐1739
イギリスの劇作家。《ロンドンの商人》(1731),《命取りの好奇心》(1736)などの家庭悲劇の作者として知られる。ことに前者は,貴族ではなくブルジョア登場人物とし,大部分のせりふが韻文ではなく散文で書かれている点で,イギリス最初の市民悲劇とされ,現代の評価は低いが演劇史的には画期的な作品であった。ディドロレッシングなど,ヨーロッパ大陸の作家にも大きな影響を与えた。【喜志 哲雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リロ
りろ
George Lillo
(1693―1739)

イギリスの劇作家。代表作『ロンドンの商人』(1731)は悪女に唆されて金のために善良な伯父を殺してしまった商家の青年の罪と悔恨の物語。これは大好評を博して家庭悲劇の流行を促し、海外にまで影響を与え、多くのパロディーをも生んだ。これと同じく古いバラードに素材をとった『命がけの好奇心』(1736)も大当りをとり、ドイツの運命悲劇流行に影響を与えた。彼は実りの少なかった18世紀悲劇の担い手の1人に数えられるが、作品の数は数編にすぎない。[中野里皓史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のリロの言及

【悲劇】より

…ここに悲劇の崩壊の萌芽が認められる。
[悲劇の変質]
 G.リロの《ロンドンの商人》(1731初演)は,イギリス演劇史では画期的な作品であった。これは貴族や英雄ではなくてブルジョアを主人公とし,韻文ではなくて散文のせりふを多く含みながら,悲劇と銘打たれていたからである。…

※「リロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リロの関連キーワード霊空蜂谷宗先地方財政計画景清北尾重政国見岳建部賢弘都鄙問答ひらかな盛衰記明史

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リロの関連情報