コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リロ George Lillo

2件 の用語解説(リロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リロ【George Lillo】

1693‐1739
イギリスの劇作家。《ロンドンの商人》(1731),《命取りの好奇心》(1736)などの家庭悲劇の作者として知られる。ことに前者は,貴族ではなくブルジョア登場人物とし,大部分のせりふが韻文ではなく散文で書かれている点で,イギリス最初の市民悲劇とされ,現代の評価は低いが演劇史的には画期的な作品であった。ディドロレッシングなど,ヨーロッパ大陸の作家にも大きな影響を与えた。【喜志 哲雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リロ
りろ
George Lillo
(1693―1739)

イギリスの劇作家。代表作『ロンドンの商人』(1731)は悪女に唆されて金のために善良な伯父を殺してしまった商家の青年の罪と悔恨の物語。これは大好評を博して家庭悲劇の流行を促し、海外にまで影響を与え、多くのパロディーをも生んだ。これと同じく古いバラードに素材をとった『命がけの好奇心』(1736)も大当りをとり、ドイツの運命悲劇流行に影響を与えた。彼は実りの少なかった18世紀悲劇の担い手の1人に数えられるが、作品の数は数編にすぎない。[中野里皓史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリロの言及

【悲劇】より

…ここに悲劇の崩壊の萌芽が認められる。
[悲劇の変質]
 G.リロの《ロンドンの商人》(1731初演)は,イギリス演劇史では画期的な作品であった。これは貴族や英雄ではなくてブルジョアを主人公とし,韻文ではなくて散文のせりふを多く含みながら,悲劇と銘打たれていたからである。…

※「リロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リロの関連キーワードイギリス経験論モルナールイギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争英国劇作家イギリス巻イギリス組曲ベートーヴェン:イギリスの歌「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲/piano soloイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リロの関連情報