コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リープクネヒト リープクネヒトLiebknecht, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リープクネヒト
Liebknecht, Karl

[生]1871.8.13. ライプチヒ
[没]1919.1.15. ベルリン
ドイツの左派社会主義運動の指導者。 W.リープクネヒトの子。法律を学び,早くから労働運動に興味をもった。ドイツ社会民主党内では執行部の硬直した官僚主義に反対する左派に属した。第2インターナショナルでの活動において,ロシアセルビア社会主義者を除いて,各国の社会主義者が第1次世界大戦遂行を支持したのに対して,それを痛烈に攻撃,国際的な声価を得た。 1908年プロシア下院議員,12年ドイツ帝国議会議員に選出され,13年には政府とクルップとの汚職事件を暴露した。第1次世界大戦の開戦後,社会民主党から追放され,R.ルクセンブルクとともに「スパルタクス団」を結成し,反戦活動に従事,戦争協力の中央と対立,16年帝国議会から追放された。同年のメーデーには帝国主義戦争反対のデモを行い,49ヵ月の強制労働の判決を受けたが,敗戦により 18年釈放された。同年 11月9日,ベルリンドイツ社会主義共和国を宣言。社会民主党右派の F.エーベルトを中心とする内閣と対抗するため,19年1月1日「スパルタクス団」をドイツ共産党と改め,2週間後に蜂起したが,R.ルクセンブルクとともに逮捕され,殺された。主著『社会発展の運動法則の研究』 Studien über die Bewegungsgesetze der gesellschaftlichen Entwicklung (1922) 。

リープクネヒト
Liebknecht, Wilhelm

[生]1826.3.29. ギーセン
[没]1900.8.7. ベルリン
ドイツの社会主義運動の指導者。ギーセン,ベルリンなどの大学で哲学,言語学を学び,社会主義,ポーランド独立に関心をもち放校された。 1848年の三月革命に参加,スイスを経て,62年までロンドンに亡命。その間マルクスと交際,影響を受けた。帰国後反ビスマルク運動でプロシアを追放され (1865) ,ライプチヒに居住。 A.ベーベルとともに社会主義運動に努力。 67~70年プロシア下院議員,69年アイゼナハで社会民主労働党を創立。普仏戦争では軍事予算採択に棄権,アルザスロレーヌ併合に反対し投獄された (72~74) 。 75年ゴータでマルクスの批判を無視してラサール派と合同,ドイツ社会主義労働党を結成。 74年より死ぬまでドイツ帝国議会議員をつとめた。その間 78~90年ビスマルクの社会主義者鎮圧法に対する反対運動を指導し,同法を無効にさせた。同法廃止 (90) 後,合法政党として改名したドイツ社会民主党の中央機関誌『前進』の主筆をつとめ,E.ベルンシュタインらの修正主義派と対決した。 K.リープクネヒトは彼の息子。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リープクネヒト(Liebknecht)

(Wilhelm ~)[1826~1900]ドイツの社会主義者。スイス、次いでロンドンに亡命してマルクスに師事。1869年、ベーベルとともに社会民主労働者党を結成。1875年、ラッサール派と合同して社会主義労働者党を結成。著「土地問題」「カール=マルクス追想録」など。
(Karl ~)[1871~1919]ドイツの政治家。の子。社会民主党左翼急進派の指導者として第一次大戦に反対。1916年、ローザ=ルクセンブルクらとスパルタクス団を組織。ドイツ革命勃発後ドイツ共産党を結成、一月蜂起に参加し政府軍によって虐殺された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

リープクネヒト

ドイツの革命家。W.リープクネヒトの子。ドイツ社会民主党左派に属し,反軍国主義闘争を指導,1907年第1回国際社会主義青年大会を推進。第1次大戦勃発(ぼっぱつ)時には,戦時公債に反対し,以後一貫して反戦運動を指導,スパルタクス団を組織する。
→関連項目シュプレヒコール

リープクネヒト

ドイツの社会主義者。K.リープクネヒトの父。1848年の三月革命に参加,亡命。ロンドンでマルクスやエンゲルスと知り合い,その影響を受けた。1869年ベーベルらとドイツ社会民主労働者党(アイゼナハ派)を組織。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リープクネヒト【Karl Liebknecht】

1871‐1919
ドイツの革命家。W.リープクネヒトの次男。ライプチヒおよびベルリン大学で法学を修め,1899年ベルリンで弁護士事務所を開く。1900年父の死の直後その志を継ぎドイツ社会民主党に入党,02‐13年ベルリン市会議員,08‐16年プロイセン邦議会議員,1912‐16年帝国議会議員を務めた。とりわけ反戦活動と青年運動に情熱を傾け,1907年《軍国主義と反軍国主義》を公刊し,そのため1年半投獄される一方で,同年,社会主義青年インターナショナルが結成されるとその会長に推された(1910まで在任)。

リープクネヒト【Wilhelm Liebknecht】

1826‐1900
ドイツ社会民主党の指導者。大学時代に急進化し,1848年革命に参加,スイスを経てロンドンに亡命,マルクス,エンゲルスの強い影響を受ける。62年,恩赦で帰独,65年ライプチヒに移って以来,ベーベルの盟友として活躍,67年,彼とともに北ドイツ連邦議会議員となり,普仏戦争に反対して大逆罪に問われた。74年から短期間を除いて帝国議会議員。社会民主労働者党の機関紙《人民国家》,ドイツ社会民主党の《フォアウェルツ(前進)》の編集者を務め,ゴータ綱領エルフルト綱領の作成に参与,89年のインターナショナルの復活に努力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

リープクネヒト【Liebknecht】

〔Karl L.〕 (1871~1919) ドイツの政治家。の子。社会民主党最左派に属し反軍国主義運動を展開、第一次大戦に反対の立場を貫き脱党。ローザ=ルクセンブルクらとスパルタクス団を結成、ドイツ革命を推進し、ドイツ共産党を創立。武装蜂起の際に虐殺された。
〔Wilhelm L.〕 (1826~1900) ドイツの政治家。1869年ベーベルとともに社会民主労働党を結成、労働運動・反戦活動を展開。75年ラサール派と合同して社会主義労働党を創立、その発展に尽くした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のリープクネヒトの言及

【ドイツ革命】より

…社会民主党内に開戦当初から存在した〈帝国主義戦争〉反対派もしだいに勢力を強め,戦争支持派による抑圧と排除に抗して,17年4月,ついにドイツ独立社会民主党を結成した。同党は,ハーゼカウツキーら平和主義的な党指導部から,ローザ・ルクセンブルク,カール・リープクネヒトを中心とする反戦革命派のスパルタクス派まで,さまざまな流れから構成されていた。 ロシアに革命が勃発したこの1917年は,ドイツでも大衆行動が大戦下最初の高揚を見せた年となった。…

【ドイツ共産党】より

…第1次大戦前のドイツ社会民主党左派から発展して大戦中に独自の組織を形成したスパルタクス派Spartakus Gruppe(インテルナツィオナーレ派Gruppe Internationale)と,ブレーメン左翼急進派Bremer Linkeなどから1918年に結成された。 スパルタクス派は,ローザ・ルクセンブルクK.リープクネヒトらを指導者として組織され,政府の戦争政策を支持する党主流派に反対し,反戦と革命行動を唱えて非合法誌を発行し,この誌名がグループの呼称となった。1917年独立社会民主党(USPD)が創設されると独自の組織を維持しつつこれに属した。…

【ドイツ社会民主党】より

…しかしここでも労働者の自立の傾向が強まり,68年には,VDAVもADAVと同様,国際労働者協会(第一インターナショナル)の立場に支持を表明するに至った。 69年8月,VDAVのベーベルW.リープクネヒトら労働者派は,ラサールの後継者J.B.vonシュワイツァーと対立してADAVの分派を形成していたブラッケWilhelm Bracke(1842‐80)らとともに,アイゼナハで集会を開き,アイゼナハ綱領を採択し社会民主労働者党Sozialdemokratische Arbeiterpartei(SDAP)を創立した。新党(アイゼナハ派)と,ラサールの影響のいっそう強いADAV(ラサール派)とは競合を続けたが,普仏戦争の後半,プロイセンの征服政策にはともに反対の声をあげた。…

【ゴータ綱領】より

…2月前に公表された草案に対し,マルクスはアイゼナハ派のブラッケWilhelm Bracke(1842‐80)に徹底的な批判を書き送った。この《ゴータ綱領批判》は,理論より合同の実現を重視したW.リープクネヒトら当事者によってほとんど生かされなかったが,マルクス晩年の国家論,ラサール批判を示す文書として重要であり,次のエルフルト綱領の作成過程でエンゲルスによって公表された(1891)。アイゼナハ綱領エルフルト綱領【西川 正雄】。…

【ドイツ】より


[労働者文化と農業界]
 ビスマルクによって〈帝国の敵〉とされたもう一つの勢力は,形成途上の社会主義労働運動であった。とりわけ,プロイセンの反自由主義に鋭く反発するその指導者ベーベルとW.リープクネヒトが,独仏戦争に際し戦費協賛に保留,次いで反対の態度をとり,さらにパリ・コミューンに共感を表明したことは,ビスマルクに大きな衝撃を与えた。しかし,1878年の社会主義者鎮圧法,また83年に始まる一連の労働者保険も,労働者街とりわけ酒場での仲間づきあいや各種の文化(合唱,演劇など)・スポーツ団体を中心に独自の〈労働者文化〉と相互扶助の世界を形成しつつ発展するこの運動を抑え込むことはできなかった。…

【ドイツ社会民主党】より

…しかしここでも労働者の自立の傾向が強まり,68年には,VDAVもADAVと同様,国際労働者協会(第一インターナショナル)の立場に支持を表明するに至った。 69年8月,VDAVのベーベルW.リープクネヒトら労働者派は,ラサールの後継者J.B.vonシュワイツァーと対立してADAVの分派を形成していたブラッケWilhelm Bracke(1842‐80)らとともに,アイゼナハで集会を開き,アイゼナハ綱領を採択し社会民主労働者党Sozialdemokratische Arbeiterpartei(SDAP)を創立した。新党(アイゼナハ派)と,ラサールの影響のいっそう強いADAV(ラサール派)とは競合を続けたが,普仏戦争の後半,プロイセンの征服政策にはともに反対の声をあげた。…

【フォアウェルツ】より

…前身として1844年から45年にかけてパリでドイツ人亡命者が発行した週刊紙があり,これにはマルクスやH.ハイネなどが協力した。その後ドイツ社会主義労働者党ゴータ会議の機関紙統一決議に基づき,76年W.リープクネヒトらによりライプチヒで創刊された。ビスマルクの社会主義者鎮圧法(1878制定)により発行を禁止されたため,84年から《ベルリーナー・フォルクスブラットBerliner Volksblatt》と改題刊行されたが,90年の鎮圧法廃止とともに,党名を社会民主党に改称したのとあわせ,《フォアウェルツ》に復題した。…

※「リープクネヒト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リープクネヒトの関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓田畑勝手作許可モルガンウォーターズカション片岡健吉ガビンズ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone