コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルナ・ソサエティ Lunar Society of Birmingham

世界大百科事典 第2版の解説

ルナ・ソサエティ【Lunar Society of Birmingham】

1766年にイギリスバーミンガムで設立された私的な科学研究団体。月奇人協会,月光協会などと訳される。名称は満月に最も近い月曜の午後に会合を催したことに由来し,これは会員たちが世間から奇人(月に憑(つ)かれた人)と思われていたことと,月明りで帰宅に好つごうだったためだという。十数人から成る地域的団体であったにもかかわらず,医学,化学,博物学の一流学者と実業家が参集し,ここから新興都市の産業革命熱を背景に蒸気機関紡績機械陸運水運の改良,工業用苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)や陶器の新製法,教育方法の改革など,応用科学を中心に多くの業績が生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルナ・ソサエティの関連キーワードダーウィン(Erasmus Darwin)ダーウィン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android