コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルネ René, France Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルネ
René, France Albert

[生]1935.11.16.
セーシェルの弁護士,政治家。スイス,イギリスに留学し,サウサンプトンのセント・メリー・カレッジ,ロンドンのキングス・カレッジを卒業。 1957年弁護士となった。 64年セーシェル人民統一党 (現セーシェル人民進歩戦線 SPPF) を創設し,議長。 65年立法評議会議員に当選。以後,親イギリス的な J.マンチャムのセーシェル民主党に対抗して,社会主義とイギリスからの完全独立を唱え,アフリカ統一機構 OAUの支持を受けた。しかし,民主党が徐々に対イギリス独立路線へと転換していったため,人民統一党はその政策上の特色が薄れ,74年の立法評議会選挙では惨敗を喫した。 76年6月末セーシェルがイギリスからの完全独立を達成すると,人民統一党は民主党と連立政権を樹立,彼はマンチャム大統領のもとで初代首相に就任。しかし,両者の政治姿勢の基本的な相違のため,マンチャム大統領がロンドンのイギリス連邦首脳会議に出席中の 77年6月5日無血クーデターを起して政権を奪取,みずから大統領 (蔵相,経済相,空海運輸相を兼任) に就任した。 79年3月の憲法改正により SPPFの一党体制へ移行し,社会主義政策を推進する。 89年6月大統領に3選された。 92年1月複数政党制へ移行,93年6月新憲法が国民投票で採択された。7月複数政党制,新憲法下で初めて行われた選挙でルネは4選,SPPFも議会の過半数の議席を獲得した。

ルネ
René

フランスの作家シャトーブリアンの小説。 1802年『アタラ』とともに『キリスト教精髄』の一挿話として発表された。 05年『アタラ=ルネ』として単行本。憂鬱で誇り高い青年ルネを描いた自伝的な小説で,いわゆる「世紀病」の表現として,のちのロマン主義に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のルネの言及

【ロンセ】より

…ベルギー西部,東フランドル州の都市。フランス語名はルネRenaix。人口2万4000(1978)。…

※「ルネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルネの関連キーワードクリスチャン・ルネ デ・デューブファンタスティック・プラネットロンドン・フィルム[会社]コンチェルト・ヴォカーレオースティン ウォーレンそして誰もいなくなったベルフェゴールは誰だ?ジェイムズ マンチャムヒューバート イーブス長崎県佐世保市鵜渡越町ブケ・ドゥ・フォーヌサン・ジョン・ペルスsnake pumpルイ ジュールダンパリは燃えているかフィットネスクラブロッキン・ロビン小平市民文化会館イメージの裏切りビッグ・パレード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルネの関連情報