ルビ

デジタル大辞泉の解説

ルビ(ruby)

振り仮名用の活字。また、振り仮名。英国でルビーとよばれた5.5ポイントの欧文活字の大きさが、和文で5号活字の振り仮名として用いた7号活字とほぼ等しかったところからいう。「ルビを振る」
[補説]ルビの分類
文章中のどの部分にルビを振るかからみた分類
総ルビ
ぱらルビ

文字のどの位置にルビを振るかからみた分類
グループルビ対語ルビ
モノルビ対字ルビ
肩付きルビ
中付きルビ
割ルビ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ルビ【ruby】

印刷用語の一種で,主として漢字の右わきに読み方を示すふりがな,もしくはその活字をいう。4号ないし5号活字のふりがなには7号活字が使われた。7号は欧文のルビ型活字の大きさ(5.5ポイント)に相当することから,ふりがなをルビというようになった。ルビをつけるのは活版組版上煩雑なことから,それを解消するため,1927年に東京築地活版製造所から6号ルビ付活字が製造販売された。また秀英舎からも8ポイント,9ポイントのルビ付活字が売り出され,新聞,雑誌に広く用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ルビ【ruby】

〔五号活字の振り仮名である七号活字の大きさがルビー に相当したことから〕
振り仮名用の活字。主に四~六ポイントの小活字。ルビー。
振り仮名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルビ
ruby

ふりがな用の活字のこと。もともとはイギリスにおける約 5.5ポイントの大きさの活字の名称であった。日本では5号活字の漢字の横に7号活字でふりがなをつけることが多かったが,この7号活字が約 5.5ポイントでルビとほぼ同じ大きさであったため,これをルビと呼び,やがてはふりがなをもルビと呼ぶようになった。文中の漢字全部にルビをふるのを「総ルビ」,一部だけにふるのを「ぱらルビ」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ルビ

〘名〙 (ruby) 印刷で、ふりがな用の活字。また、ふりがな。五号活字のふりがなとして用いた七号活字が、欧文活字のルビーとほぼ同じ大きさだったところから呼ばれる。→ルビー②。
田舎教師(1909)〈田山花袋〉九「其傍に片仮名でルビを振って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のルビの言及

【ルビー】より

…和名を紅玉という。アルミナの結晶であるコランダムのうち,赤色透明のものをルビーといい,その他の色はすべてサファイアの名称で呼ばれる。赤色は少量の酸化クロム(VI)CrO3の含有による。中世以前においては,赤色透明の宝石はすべてルビーと称されていた。ルビーの真っ赤な色は,不滅の炎と信ぜられ,燃え上がる情熱や深い愛情を象徴するものと考えられていた。また,血の色を思わせるその赤さは,出血や炎症の病に効果あると思われ,不死身の力を授けるものとして,戦場での傷よけの護符であり,また婦人の出産のお守りとしても貴ばれてきた。…

※「ルビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルビの関連情報