コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルワンダ大虐殺 ルワンダだいぎゃくさつRwanda genocide of 1994

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルワンダ大虐殺
ルワンダだいぎゃくさつ
Rwanda genocide of 1994

1994年にルワンダで起こった大量虐殺事件。1994年4月6日,ルワンダ大統領のジュベナル・ハビャリマナとブルンジ大統領のシプリアン・ヌタリャミラの乗った飛行機が首都キガリ上空で撃墜され,搭乗者全員が死亡した。実行犯は判明しなかったが,当初はフツ人過激派の仕業とされ,のちにツチ人主体のルワンダ愛国戦線 RPFの指導者陣に疑いの目が向けられた。翌日,フツ穏健派のアガト・ユウィリンジイマナ首相が暗殺された。首相暗殺は,フツ穏健派と少数派ツチ人の政治家を排除し,政治的空白をつくりだすことをもくろんだもので,4月9日フツ過激派による暫定政権が発足した。その後数ヵ月にわたり政治的混乱と,フツ過激派武装集団インテラハムウェ(ルワンダ語で「ともに戦う者」の意)とインプザムガンビ(「同じゴールを目指す者」の意)が主導する大規模な虐殺が続いた。これに対し RPFが応戦を開始,7月初めにほぼ国内全土を制圧し,7月末,フツ人のパスツール・ビジムングを大統領,ツチ人のポール・カガメを副大統領とする暫定政府を樹立した。この大虐殺により,ツチ人を中心に 80万人以上の民間人が殺害され,200万ものルワンダ人が難民となり,その大半がザイール(→コンゴ民主共和国)東部に脱出した。大虐殺に関与した多数の人間を訴追するため,国際連合安全保障理事会はルワンダ国際犯罪法廷 ICTRを設置し,1995年に審理を開始した。2001年,政府は伝統的な裁判手続きであるガカカ制度を活用した審理を提案,2002年にガカカ法廷が発足した。(→ルワンダ内戦

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ルワンダ大虐殺

多数派民族フツと少数派民族ツチは友好的に暮らしていたが、旧宗主国ベルギーがツチにフツを統治させる形で支配を進め、双方が対立。独立後の1994年4月、フツ系大統領の飛行機が撃墜されたことを機に、政府軍やフツの民兵組織などがツチの虐殺に乗り出した。同年7月にツチの反政府組織がほぼ全土を制圧し、虐殺は終わった。犠牲者は80万人以上とされる。

(2016-04-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ルワンダ大虐殺の関連キーワードルワンダにおけるジェノサイドを考える国際デールワンダ解放民主軍アフリカ映画コルネイユ