コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・ジャンドル ル・ジャンドル Le Gendre, Charles William

2件 の用語解説(ル・ジャンドルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・ジャンドル
ル・ジャンドル
Le Gendre, Charles William

[生]1830.8.26. フランス
[没]1899.9.1. 京城(現ソウル)
フランス生れのアメリカの外交官。リゼンドルともいう。漢名は李仙得。アモイ (厦門) 領事のとき台湾問題に関係し,明治5 (1872) 年来日のとき,副島種臣外務卿の要請で外務省顧問となり,台湾併合を進言。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ル・ジャンドル
るじゃんどる
Charles William Le Gendre
(1830―1899)

アメリカの外交官。リ・ゼンドルともいい、李仙得とも署名した。8月26日フランスに生まれる。南北戦争に従軍して負傷。1866年厦門(アモイ)領事となり、アメリカ船難破事件で台湾に渡り事件を解決して台湾通となる。1872年(明治5)来日して日本政府顧問となり、琉球(りゅうきゅう)問題解決に台湾出兵を献策した。74年の台湾出兵に際し大久保利通(としみち)に随行渡清(としん)し、中立義務違反として一時アメリカ領事館に拘留された。以後も日本に滞在、北海道開拓論を主張、90年韓国政府顧問となり、99年9月1日ソウルで没。声楽家関屋敏子(せきやとしこ)は孫。[藤村道生]
『ユネスコ東アジア文化研究センター編『資料御雇外国人』(1975・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ル・ジャンドルの関連キーワードフラングレフランス菊フランス窓フランス刺繍フランスソワールマンデスフランスフランス領ソマリランドバトルフランスラスクフランスヴィ・ド・フランス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ル・ジャンドルの関連情報