コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーズベルト るーずべるとFranklin Delano Roosevelt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt)
るーずべると
Franklin Delano Roosevelt
(1882―1945)

アメリカ合衆国第32代大統領(在任1933~1945)。1月30日ニューヨーク州ハイドパーク生まれ。古い名門の家柄の出身で、第26代大統領セオドア・ルーズベルトは縁戚(えんせき)にあたる。ハーバード大学を卒業、弁護士を経て、1910年ニューヨーク州上院議員を皮切りに政界に入り、ウィルソン政権の海軍次官補を務めた。1920年の大統領選挙には民主党副大統領候補として出馬したが敗北、しかも翌1921年小児麻痺(まひ)(急性灰白髄炎)にかかり苦しい闘病生活を余儀なくされた。だがエレノア夫人の献身的な努力もあって1928年政界に復帰、ニューヨーク州知事に当選し(1929~1933)、大恐慌勃発(ぼっぱつ)後「小型ニューディール」とよばれることになる革新的政策を実施して注目を集め、1932年の大統領選挙で「ニューディール」のスローガンを掲げて当選した。
 選挙運動期間中から学識経験者を集めて「ブレーン・トラスト」を組織し、政策の立案・企画にあたらせていたが、1933年3月政権につくや特別会期の「百日議会」を招集し、強力な指導力を発揮して矢つぎばやに政策を実現、最悪の経済危機をのりきることに成功した。彼には明確な体系立った政策構想があったわけではなく、矛盾した見解の人材を起用することも多かったが、むしろそのために政策選択の幅が広くなり、国民の要求を把握する優れた能力と相まって、現実の必要に柔軟に対処することができた。また「炉辺談話(ろへんだんわ)」と称したラジオ放送により、国民に直接語りかける政策説明や新聞記者会見の積極的な活用など、世論操作の面でも大衆政治家として卓越した手腕を示した。ニューディール政策の展開過程で社会改革や福祉政策を重視する一方、反独占の姿勢を強めて進歩派の指導者としての地歩を固め、1936年の選挙では「ルーズベルト連合」とよばれる広範な支持勢力を基盤に再選された。だが、全国産業復興法や農業調整法といったニューディールの主要立法に違憲判決を下した保守的な最高裁判所の改組を企てた結果、保守派に結束、反撃の機会を提供し、指導力の後退を招いた。
 対外的には、元来ウィルソン流の国際主義者だったが、世論の孤立主義的風潮の下に、1935年以後、一連の中立法の制定に同調、1937年「防疫演説(ぼうえきえんぜつ)」でファシズム諸国の脅威について警告したが、積極的な対抗策は示さなかった。だが中南米諸国に対しては当初から善隣外交を推進し、西半球の地域的協力関係を強化した。第二次世界大戦が勃発すると、参戦を回避しながらも「民主主義の兵器廠(しょう)」として反ファシズム陣営を支援。ついで日本の真珠湾攻撃を機に参戦し、連合国側の戦争遂行に指導的役割を演じた。とくに当時のソ連との協調を重視しつつ、カイロ、テヘラン、ヤルタなど一連の首脳会談で活躍し、戦時の「大同盟」を基盤に戦後国際社会の再建を図ろうと尽力した。この間、1940年、1944年にアメリカ史上初の大統領3選、4選を果たしたが、大戦の終結を間近に控えた1945年4月12日脳溢血(のういっけつ)で死去した。記念図書館が生地ハイドパークにある。[新川健三郎]
『中屋健一著『ルーズヴェルト』(1960・誠文堂新光社) ▽新川健三郎著『ルーズベルト』(1971・清水書院) ▽J・ガンサー著、清水俊二訳『回想のルーズベルト』(1969・早川書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルーズベルトの関連キーワードマーシャル(George Catlett Marshall)ルーズベルト(Anna Eleanor Roosevelt)アチソン(Dean Gooderman Acheson)モーゲンソー(Henry Morgenthau Jr.)ウォーレス(Henry Agard Wallace)トルーマン(Harry S. Truman)民主党(アメリカ合衆国)アルカディア会談ルーズベルト石テクノクラシーランドルフ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルーズベルトの関連情報