ルートウィヒスハーフェン(読み)るーとうぃひすはーふぇん(英語表記)Ludwigshafen am Rhein

デジタル大辞泉 の解説

ルートウィヒスハーフェン(Ludwigshafen)

ドイツ南西部、ラインラント‐プファルツ州の都市。正式名称はルートウィヒスハーフェン‐アム‐ライン。ライン川を挟んでマンハイムと相対し、河港をもつ。19世紀にバイエルン王国の貿易港として栄えた。現在は工業都市

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) の解説

ルートウィヒスハーフェン
るーとうぃひすはーふぇん
Ludwigshafen am Rhein

ドイツ南西部、ラインラント・プファルツ州の都市。人口16万2200(2000)。正式名称はルートウィヒスハーフェン・アム・ライン。ライン川左岸に位置し、河港をもつ。1606年に対岸の都市マンハイム(バーデン・ウュルテンベルク州)に構築されたフリードリヒスブルク要塞(ようさい)の橋頭堡(きょうとうほ)の一つであった。19世紀にバイエルン王国の貿易港として発展し、1859年市制施行。交通上有利な位置にあるため各種工業立地するようになり、市街地の北隣には広大な敷地化学工場(BASF社)も立地する。マンハイムのライン河港と一体となった工業地域を形成し、州内では州都マインツに次いで人口の多い都市となった。第二次世界大戦中、連合軍の爆撃で被害を受けた。

[朝野洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 の解説

ルートウィヒスハーフェン
Ludwigshafen am Rhein

ドイツ南西部,ラインラント・ファルツ州の都市。人口16万3771(1999)。マンハイム対岸のライン川中流左岸の工業都市。1607年にマンハイムの要塞が築かれて以降興隆。1816年にバイエルン領となり,43年にルートウィヒ1世の名を冠し,59年に都市となる。68年バーデン・アニリン・ソーダ工場(BASF)が建設され,94年に新港建設に着手し,以後化学工業港湾中心に発展を遂げた。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説

ルートウィヒスハーフェン
Ludwigshafen

正式名称はルートウィヒスハーフェンアムライン Ludwigshafen am Rhein。ドイツ西部,ラインラントファルツ州の都市。ライン中流部,マンハイムの対岸にある。 17世紀初頭にライン川の橋畔集落として成立。現地名は 1843年バイエルン王ルートウィヒ1世にちなんで改められた。 59年に都市権獲得。バスフ本社があり,アニリン染料人造肥料などの化学工業が盛ん。そのほか金属,機械,ガラス工業などが立地。河港は 97年に完成,マンハイムとともにライン中流の重要港。国際競技場,マリエンヒンメルファールト聖堂 (1774~77) がある。バスフ社の超高層ビル (101.6m) も有名。人口 16万3340(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア の解説

ルートウィヒスハーフェン

ドイツ南西部の都市。ラインラント・ファルツ州のライン川左岸の河港都市でマンハイムの対岸にある。化学,金属,建築材料食品などの工業が行われる。19世紀に寒村から産業都市へ急激に発展した。16万5600人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報