コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイエス Reyes, Alfonso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイエス
Reyes, Alfonso

[生]1889.5.17. モンテレイ
[没]1959.12.27. メキシコシティー
メキシコの詩人,批評家。外交官,大学教授として活躍しながら創作,『残酷なイフィゲーニア』 Ifigenia cruel (1924) ,『休息』 Pausa (26) などの詩集や,『ゴンゴラの問題』 Cuestiones gongorinas (27) ,『デカルトの美学をめぐって』 En torno a la estética de Descartes (58) などの評論を含めて,100冊近い著作がある。

レイエス
Reyes, (Prieto) Rafael

[生]1850. コロンビア,サンタロサ
[没]1921.2.19. コロンビア,ボゴタ
コロンビアの探検家,政治家。大統領 (在任 1904~09) 。青年時代アマゾン川上流地域を探検。内乱 (1885~95) に活躍。 1903年アメリカとの交渉によってパナマの分離独立を阻止しようとしたが,これに失敗。パナマ独立後は大統領として独裁政治を行い経済開発に努めたが,パナマの独立承認条約を国会に提案して失敗,失脚した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レイエス

メキシコの作家。外交官として諸国を巡りながら当代の知識人達と幅広く交友を結び,ボルヘスフエンテスパスなど後代の作家にも大きな影響を与えた。著作は多岐にわたり,詩や戯曲,短編などの創作もあるが,博識を駆使し機知をきかせたエッセーにおいて卓越している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レイエス【Alfonso Reyes】

1889‐1959
メキシコの文学者,思想家,詩人。メキシコ革命以後の教育改革運動の中で,J.バスコンセロス,J.シエラらとともに大学教育の刷新に努力した。ベネズエラのA.ベーリョとともにラテン・アメリカで最高の思想家,碩学に挙げられている。詩人としての業績も大きく,象徴性のなかに民衆的文化と古典的教養を結合した作品を残している。【神代 修】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レイエス【Alfonso Reyes】

1889~1959) メキシコの詩人・思想家。実証主義や狭隘きようあいなナショナリズムを批判、開かれた文化を唱え国民文学と世界文学の融合を試みた。詩集「タラウマラの草」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

レイエスの関連キーワードグレゴリオ アグリパイ・クルーズ・イ・ラバヤンキーコ フランシスコフィリピン独立教会ナショナリズムムワッシャハ銀安四面銅鉱タラウマラ古都トレド5月17日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レイエスの関連情報