レオンチェフ

デジタル大辞泉の解説

レオンチェフ(Wassily Leontief)

[1906~1999]ロシア生まれの米国の経済学者。産業連関分析創始者。1919年・1929年・1939年の米国経済についてその産業連関表を作成し、それらを用いて米国経済の構造分析と予測に大きな業績をあげた。1973年ノーベル経済学賞受賞。著「アメリカ経済の構造」「産業連関分析」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

レオンチェフ【Wassily Leontief】

〔レオンティエフとも〕 (1906~1999) アメリカの経済学者。ロシア生まれ。経済を構成する産業、家計、政府を数十の部門に分割、これら部門相互間の財・サービスの交流関係を明らかにする産業連関分析ないし投入産出分析を創始した。著「均衡分析の経験的応用」「アメリカ経済の構造」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android