レオンチェフ

デジタル大辞泉の解説

レオンチェフ(Wassily Leontief)

[1906~1999]ロシア生まれの米国の経済学者。産業連関分析創始者。1919年・1929年・1939年の米国経済についてその産業連関表を作成し、それらを用いて米国経済の構造分析と予測に大きな業績をあげた。1973年ノーベル経済学賞受賞。著「アメリカ経済の構造」「産業連関分析」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

レオンチェフ【Wassily Leontief】

〔レオンティエフとも〕 (1906~1999) アメリカの経済学者。ロシア生まれ。経済を構成する産業、家計、政府を数十の部門に分割、これら部門相互間の財・サービスの交流関係を明らかにする産業連関分析ないし投入産出分析を創始した。著「均衡分析の経験的応用」「アメリカ経済の構造」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

レオンチェフ

(Wassily Leontief ワシリー━) アメリカの経済学者。ロシアの生まれ。一九三一年渡米。産業連関分析の創始者。一九一九年、二九年、三九年のアメリカ経済についての産業連関表を作成、種々の経済分析や予測を可能にした。七三年、ノーベル経済学賞を受賞。(一九〇六‐九九)→産業連関表

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レオンチェフの関連情報