レスボス島(読み)れすぼすとう(英語表記)Lesbos

日本大百科全書(ニッポニカ)「レスボス島」の解説

レスボス島
れすぼすとう
Lesbos

エーゲ海北東部、トルコのエドレミト湾の湾口に位置するギリシア領の島。現代ギリシア語ではLésvosと発音する。別称ミティリーニミティレネ)島。面積1630平方キロメートル。中心地は、古代から知られる東岸のミティリーニ(人口3万6196、2001)。北西沖合いのリムノス島、アイオス・エフストラティオス島とをあわせてレスボス県を構成し、その面積は2154平方キロメートル、人口10万9900(2003推計)。丘陵地状で、地中海式農業が営まれる。

[真下とも子]

歴史

紀元前11世紀後半ごろ、主として本土のテッサリア地方から移住したアイオリス人が島の支配者となり、やがてミティレネ以下、メティムナ、アンティッサ、エレソス、ピラ、アリスバの六つのポリス(都市国家)が生まれたが、アリスバはのちにメティムナに隷属した。前7~前6世紀が最盛期で、農業、貿易、植民活動などで繁栄し、音楽家テルパンドロス、詩人アリオンアルカイオスサッフォーなどが活躍した。サッフォーが生活をともにして指導した貴族の若い娘たちについて歌った情熱的な詩から、彼女と娘たちが同性愛で結ばれていたとの推測が生まれ、近代になってLesbian love(レスビアン、レズ)ということばが女性の同性愛を意味するものとして用いられるようになった。前6世紀後半にレスボス島はペルシアに屈服し、前5世紀前半にデロス同盟に、前4世紀前半に第二次アッティカ海上同盟に加わり、前2世紀以降ローマの勢力下に入った。紀元後4世紀からはビザンティン帝国領、ラテン帝国領、その後ジェノバ、オスマン・トルコなどの支配を経て、1913年よりギリシアに帰属。

[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「レスボス島」の解説

レスボス‐とう ‥タウ【レスボス島】

(レスボスはLesbos) エーゲ海北東部にあるギリシア領の島。女流詩人サッポー、哲学者テオフラストスの生地。古代、この島では女性の同性愛が盛んであったといわれていたところから「レスビアン」の語が生じた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android