コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レディング Marquess Gerald R. Reading

20世紀西洋人名事典の解説

レディング
Marquess Gerald R. Reading


1889 - ?
英国の政治家
第一次大戦に従軍、1943年代将、’44年退役。’51年自由党から保守党に変わり、チャーチル内閣成立とともに外務政務次官となる。’53〜56年外交担当国務相を務める。その間の’54年のSEATO会議では英首席代表となる。侯爵

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レディング【Reading】

アメリカ合衆国ペンシルベニア州南東部,バークス郡の郡都。人口7万8000(1994)。スクールキル川に面し,ペンシルベニア・ダッチ(ドイツ系の人々)地域の商業,工業,交通の中心地。繊維・織物,衣類,皮革製品,鉄鋼製品などの工業がある。1748年に集落が建設され,1847年に市制施行。かつては製鉄業が盛んで,独立革命のときは大砲の供給地であった。【菅野 峰明】

レディング【Reading】

イギリス,イングランド中央南部,バークシャーにある商工業都市で州都。人口13万8000(1993)。地名は古英語で〈レーダ族の人々〉を意味する。ロンドンの西約60km,テムズ川とその支流のケネット川の合流点に位置し,鉄道・運河交通の要地にあたる。古くから周辺農村の物資の集散地であったが,現在は有名なビスケット製造,種苗育成のほか,機械,醸造,鋳鉄などの工業がみられる。871年サクソン人の集落がデーン人に占領され,1006年には焼き払われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レディング
Reading

アメリカ合衆国,ペンシルバニア州南東部にある都市。フィラデルフィアの北西 93km,スクールキル川沿いに位置する。 1748年ペンシルバニア州の開拓者 W.ペンの息子らが市街地を計画して発足。最初の定住者にはドイツ人が多く,いまでも往時の面影を伝える民族祭が盛大に行われる。独立戦争中は大砲が製造されたが,現在も工業が盛んで,自動車部品,鉄道車両,鋳造,織物などの工業が発達。ペンシルバニア州立大学やテンプル大学,博物館,美術館など学術機関・施設も多い。人口7万 8380 (1990) 。

レディング
Reading

イギリスイングランド南部の都市。単一自治体(ユニタリー unitary authority)。旧バークシャー県に属する。1998年に単一自治体となった。ロンドンの西約 60km,ケネット川がテムズ川に合流する地点に位置する。アングロ・サクソン時代にさかのぼる古い町で,年代記によると 871年デーン人に攻撃されたことが記されている。1121年ベネディクト会修道院が建設されると,ヘンリー1世は町を修道院に付与したため,12~16世紀には修道院と商人ギルドが特権をめぐり抗争を繰り返したが,この間織物工業で発展。17世紀には織物工業が衰えるとともに,清教徒革命でも大きな損害を受けた。種苗栽培で知られる農業地帯の集散地で,穀物や家畜の取り引きが盛んなほか,工業都市でもあり,特にビスケット製造で有名。ほかに印刷,鉄冶金,機械,コンピュータ,煉瓦などの工業がある。レディング大学(1926)は農業,園芸,酪農の分野で特に重要な役割を果たしている。面積 40km2。人口 14万5100(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レディングの関連キーワードアイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥー・ロングレディング(Otis Redding)ロード(William Laud)キューピッドよ、あの娘をねらえフォー・ユア・プレシャス・ラブトライ・ア・リトル・テンダネスミー・アンド・ボギー・マギーギリアン・トルミー プランスサウスオックスフォードシャーレディング・フェスティバルウオレス スティーブンスバークシャー(イギリス)スティーブ クロッパーオーティス・レディングジェフリー ジョーンズロンドン・アイリッシュリーズ・フェスティバルレディング(イギリス)マグダレン ヴァーノンジョン・B. ウェイン

レディングの関連情報